【不器用な生き方】こそ誇りを持っていこう!

この世にはたくさんの
人間が存在しています。

一人ひとりの人生は違うし
一人ひとりの考え方は違う。

 

だから、【生き方】も違う。

 

 

人間の中には【器用な人】
と言われる人たちがいます。

【器用な人】が示すものは
【器用に人生を渡る人】という
意味が大きいのかなと思います。

 

 

 

あなたは【器用な人】ですか?

 

 

 

【器用に生きる人】ですか?

 

 

 

【器用に生きる人】と聞いて
イメージしやすいのは
『サザエさんのカツオ』
といったところでしょうか。

 

俗にいう『世渡り上手』

 

するするっと間を抜けて
最短距離で目的地に着いてしまう。

苦労を伴うことなく
人の力をうまく使ったりして
目標を達成してしまう。

ずる賢さもあるので
口も上手く言い負けない。

 

こんなイメージでしょうか。

 

 

 

あなたは【器用な人】ですか?

 

 

 

【器用に生きる人】ですか?

 

 

 

自分は【不器用な人間】だ。
【不器用な生き方】しかできない。

と、思ったかもしれません。

 

 

でも、私は思っています。

 

 

 

 

【不器用な生き方】こそ
誇りを持っていこう!

 

 

 

【不器用な生き方】でしか
身につかないことがあるんです。

 

 


人生とは面白いもので
『器用に生きたから良いのではない』
ということなんです。


 

 

【器用な生き方】をする人は
見ていて羨ましく感じますよね。

なんの苦労もせずトントン拍子に
昇っていく姿を見てしまうと。

 

【不器用な生き方】の自分との
距離が大きく開いてしまう感覚。

悲しくなるかもしれません。

 

でも、私は思っています。

 

 

 

【不器用な生き方】こそ
誇りを持っていこう!

 

 

ということを。

 

 

 

 

 

例:
T君の会社の同僚に
Y君という社員がいます。

T君とY君は同期で
部署も同じ。年齢も同じ。

ですが、違うことが。

 

 

T君は【不器用な生き方】
Y君は【器用な生き方】を
する人間だったのです。

 

 

同期で入って5年。
気がつけばY君は昇進し
軽い役職についています。

 

T君はというと未だ
もがいているありさま。

 

 

T君は思いました。

「Yのやつが羨ましい。
言葉も巧みで器用で。
それに比べて自分は…。」

 

 

 

T君は自分の不器用さに
いらだっていました。

 

 

【不器用な生き方に】

 

 

仕事に対して
不器用だから人一倍時間が
かかってしまうし、

不器用だから上司に対しても
自分の思った言葉しか言えず
上司の機嫌取りはできなかった。

不器用だからどんなことも
自分でなんとかしようと
努力していました。

 

 

 

 

そんな、ある日
Y君が大きなミスを起こしました。

 

 

 

 

会社に対して大きな
不利益を与えてしまいました。

Y君は落ち込んでいました。
首になるかもしれない。という
噂も立っているぐらいでした。

 

 

T君はそんなY君を見て
少し嬉しい思いでした。

 

「今まで器用に生きてきて
苦労をしなかった罰だ。」

なんてことを考えていました。

 

 

その時、
ふと昔を思い出しました。

 

まだ、入社2年目の夏。

T君が仕事でミスをした時
Y君がカバーしてくれたことを。

 

 

 

T君は【不器用な生き方】
しかできません。

 

 

 

普通の人ならY君のことを
放っておくでしょう。

でも、T君は違いました。

 

 

【不器用な生き方】しか
できない自分だからこそ
Y君を助けよう。

 

 

T君はY君のミスを調べました。
すると、『自分なら解決できる』
ということに気づいたんです。

 

不器用なT君は人を頼れず
自分で努力してきました。

【不器用な生き方】しか
自分はできないから。

 

 

だからこそ、

Y君のミスをカバーできる力を
身につけていたんです。

 

 

T君は早速Y君のミスを
カバーするべく行動しました。

それから間もなく
T君のおかげで全て解決しました。

 

 

でも、
T君は不器用な人間です。

自分で解決したことにせず
Y君が解決したことにしました。

 

それでよかったんです。
T君は気づいたんです。

 

 

 


【不器用な生き方】しか
できない自分が好きなんだと。


 

 

 

これからは、

【不器用な生き方】こそ
誇りを持っていこう!

と、決心するのでした。

 

 

 

 

 

 

 

【不器用な生き方】と聞くと
なんだか『遠回り』している
感じがしますよね。

 

『遠回り』しているから
器用な人が『近道』を使い
自分との距離が離れていく。

 

 

でも、焦らなくて大丈夫。

 

 


遠回りすることでしか
見えない景色があります。

遠回りすることでしか
自分自身は磨けません。

遠回りすることでしか
自分自身は強くなりません。

遠回りすることに
大きな
意味があるんです!


 

 

 

不器用な自分を責めないで下さい。

 

 

不器用だからこそ人一倍
努力するんじゃないんですか?

不器用だからこそ人一倍
自分の力を磨こうと
するんじゃないですか?

 

 

 


その不器用さこそが
【あなた自身を大きくします】


 

 

 

人生は長い長いマラソンです。

 

器用に最初にトップに立っても
実力が伴わなければ息切れし
後ろに下がるでしょう。

でも、
最初に一番後ろになっても
しっかり自分を磨けば
気づけば前にいるんです。

 

 

 

【不器用だからできる生き方】

 

 

 

焦る必要はありません。
人を羨む必要はありません。

 

 

【不器用な生き方】こそ
誇りを持っていこう!

 

 

自分自身を強くし
自分自身を磨き
歩みを止めず進み続ける。

そんな生き方なのだから。

 

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA