【心から認める事】で世界は大きく変わる

人間というものは
とても頑固な生き物です。

 

でも、よくよく考えてみると

 

他の生き物にはない
『プライド』というものが
人を頑固にして邪魔をしている
のかもしれませんね。

 

 

自分の意見は正しいとか。
自分の思い通りになるとか。

 

そんな事が知らず知らず
頭の中に住み着いている。

 

 

 

 

 

【心から認める事】で
世界は大きく変わる

 

 

 

 

 

先ほども言ったように
人間には『プライド』
という感情があります。

 

 

『プライド』は大切な感情です。

 

「自尊心・誇り」
という意味ですよね。

 

 

『プライド』があるからこそ
他人の意見に惑わされず

【自分の進む道が決まる】
と思います。

 

 

 


この時の『プライド』は
今までの人生の経験に
基づいて
形成されてきた
重要なものです。


 

 

 

そうではなく、
なんとなく顔を出してくる
『変なプライド』

 

こいつが、
私たちを邪魔しているんです。

 

 

 

『変なプライド』が
ひょっこり顔を出してくるから
人間は頑固になってしまう。

 

 

 

他人と意見が違っていても
『意味もなく』自分が正しい
と思ってしまったり

 

今、行っている事が
間違っている状態であっても
『意味もなく』正しいと
思ってしまったり

 

他人の行動や言動を
『意味もなく』否定する。

 

 

 

 

【心から認める事】で
世界は大きく変わる

 

 

 

もう、そろそろ
『変なプライド』を
捨ててしまいませんか?

 

 

『変なプライド』を
捨てられた人だけが
本当の道を見つけるんです。

 

 

 

 

例:

①Wさんは陸上の100m走で
世界を狙っていました。

 

そのために
今までたくさん練習をして
色々な経験を積んできました。

 

ですが、
どうしても世界に手が届きません。

 

同世代に強い選手が多く
いくら頑張っても勝てない。

 

 

今までは負けた後でも
意地になって練習して
リベンジしてやる!

 

と意気込んでいたものでした。

 

 

 

ですが、ある時のこと
ずっと心の奥にあった感情が
言葉として出てしまいました。

 

その言葉は、Wさんが
意地でも出したくない言葉。

 

 

それが、ふとした時に
自分の意志とは関係なく
飛び出してきたのでした。

 

 

 

「自分には同世代には勝てない。」

 

 

 

その自分の言葉を聞いた時
衝撃で頭が真っ白になりました。

 

 

でも、

それとともに何故だか
スッキリとした感情に
包まれていたのでした。

 

 

今までは『変なプライド』
が邪魔をして物事を
フラットに見れていなかった。

 

 

自分の心の声を言葉として
耳にしたことで

『変なプライド』が無くなり
今の状況を省みることが
できたのでした。

 

 

 

それも、

変なフィルター越しではなく
【ありのまま】です。

 

 

 

 

Wさんは痛感しました。
【心から負けを認めました】

 

 

 

でも、

Wさんの表情は明るく
光り輝いていました。

 

 

 


【負けを認めた】ことで
新たな道を見つけたのです。


 

 

 

『種目変更』することを
決意しました。

 

 

以前から、200m走に
興味を持っていたのでした。

 

「同世代に強い選手がおらず
自分の実力と拮抗しているかも」

 

今まで自分の専門競技では
なかったためか200mの状況を
ありのまま見れていました。

 

 

 

Wさんは『種目変更』を
決意しました。

 

 

それから、
気がつけばWさんは
世界を狙える200m走の選手に
成長していたのでした。

 

 

 

 

②Nさんは現在絶不調でした。
驚くほどの絶不調です。

 

普通のOLさんなのですが
仕事もプライベートも

 

全てがやることなすこと
今月に入ってから
ウマくいきません。

 

 

それでも、
負けず嫌いなNさんは
「どうにかうまくいくはず!」
と意気込んでいました。

 

それでも、何故だかどうしてか
ウマくいきません。

 

空回りしている状況でした。
進もうとすればするほど
押し戻される感覚。

 

 

 

でも、やっぱりNさんは
頑張ろうとしていました。

 

『変なプライド』が
そうさせていたんですね。

 

 

 

ある時、Nさんは彼氏と
喧嘩してしまいました。

 

普段なら喧嘩にならない
些細な事が原因でした。

 

今月の絶不調さが気がつけば
心に圧し掛かっていて
Nさんの気持ちに余裕が
無くなっていました。

 

 

 

今まで調子が悪い時も
頑張って強引に進んできたので
今回の絶不調もどうにかなると
思っていた。

 

でも、状況は違いました。

 

 

 

喧嘩した後、Nさんは
【心から認めました】

 

 

 


『今は絶不調なんだ』と。


 

 

 

そして、

自分が頑張るとかどうかは
関係なく物事の流れが
“今は”悪いんだ。と。

 

 

 

 

すぐに彼氏に電話して
今月の事情を話し
喧嘩のことを謝りました。

 

彼氏は何故だかその事を
察してくれていました。

 

 

「どんな人だって絶不調を
 必ず味わうんだよ。」

 

「絶不調でもいいんじゃないの?
 絶不調なら絶不調なりに
 できることはあるんでしょ?」

 

「俺なら“一休み”するかな(笑)
 Nは頑張りすぎなんだよ。
 “頑張らない時”も作れよ~。」

 

 

Nさんは泣いていました。

 

 

 

『自分は絶不調なんだ』と
認めてしまうと、
何故だかもう元の自分には
戻れない気がしていました。

 

 

でも、

それは自分の中の
『変なプライド』が
そう思わせていた。

 

 

 


彼氏の言葉を聞いて
『絶不調でもいいんだ』と
心から納得できたのでした。


 

 

 

それから、

どう行動していくのか
Nさんは考えていました。

 

 

 

出た結論は、

『流れが良くなった時に
すぐに動けるように充電する!』

というものでした。

 

 

その週末に早速、彼氏と
温泉旅行に行き気持ちも心も
充電していました。

 

翌月から流れが少しずつ
良くなってきました。

 

Nさんもしっかりと
充電できていたので
バリバリ動いて成果を
出していきました。

 

 

 

 

【心から認める事】で
世界は大きく変わる

 

 

 

 

【心から認める事】で
今まで自分が見ていた
世界の情景が変わります。

 

 


今までは『変なプライド』が
『変なフィルター』となり
世界が見えていました。

 

【心から認める事】で
『変なプライド』が消えます。


 

 

・自分の意見は間違っている。
・自分の行動は間違っている。
・このまま同じ努力してもダメだ。
・今は調子が悪い時期なんだ。
・今の周りの人には勝てない。
・やり方が間違っている。
・考え方を変えないといけない。

などなど。

 

 

【心から認める事】は
時として苦痛を味わいます。

自分の『負け・間違い』を
認める事に繋がるから。

 

 

 

でも、

『負け・間違い』を素直に
心から認めるからこそ

 

【次の景色が見える】

 

 

 

今まで見えなかった景色が
あなたの前に姿を表すでしょう。

 

『変なプライド』がある時は
見えなかった方向や考えが
産まれてくるもんなんです。

 

 

後は、

その方向に進んでいくだけ。

 

 

 

 

もし、あなたが今
行き詰っているのなら
この事を思い出して下さいね。

 

『間違ってもいいんです』
『負けてもいいんです』

 

 

 

大切なことは

「間違えないこと」ではなく
「負けないこと」ではなく

 


「負け」や「間違い」を
【心から認める事】です。


 

 

 

【心から認める事】で
世界は大きく変わる

 

 

 

『変なプライド』を
今日から捨てて気軽に
生きていきましょうね!

hot-chocolate

 

 

 

 

 

物事の【タイミング】が【リズム】を教えてくれる

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA