自分を縛る鎖を振り解く

人間は生れてくるときは
何ものにも縛られることなく
この世に生まれてきます。

 

 

神聖で真っ白な状態で。

 

 

そんな状態だったのに
大人になるにつれて

 

 

 

【鎖に縛られていきます】

 

 

 

この鎖は見えません。
目には見えません。

でも、確実に私たちを
縛りつけていきます。

 

大人になっていく中で
色々な鎖に少しずつ
縛られていくのです。

鎖に縛られている状態を
私たちは気づいていません。

 

 

自分で自分をしっかりと
見ようとしなければ
その鎖を見つけることは
できないのです。

 

 

 

 

 

 

あなたは鎖に縛られていますか?

 

 

 

 

 

 

私たちを縛る鎖。

 

 

赤ん坊や小さい時は
【全てが自由】でした。

考える事にも行動にも
何事にも縛られていませんでした。

 

 

子どものころは
自由な発想が出てきたり
おもしろい空想したり。

考えることが何ものにも
縛られていませんでした。

 

 

 

大人になった今。
自由に空想できるでしょうか?

 

 

 

色々な制限がまとわりつき
現実的な空想しかできない
のではないでしょうか?

もしかしたら、
空想さえもできない。

のではないでしょうか?

 

 

 

私たちは成長していく中で
色々な鎖に繋がれていきます。

 

・親の考えに縛られる。
・友達の考えに縛られる。
・学校の考えに縛られる。
・何かの団体の所属すれば
 その考えに縛られる。
・社会の考えに縛られる。
・常識に縛られる。
・みんなという存在に縛られる。
・仕事の考えに縛られる。
・縛られている自分に縛られる。

 

まだまだ他の種類の鎖が
あるかもしれません。

 

 

この鎖のどれを見ても
重く分厚い鎖なんです。

 

 

こんな鎖に私たちは
知らず知らず縛られています。

 

でも、気づいていないんです。
いや、気がつかないんです。

縛られていることに。

 

 

 

 

 

あなたは鎖に縛られていますか?

 

 

 

 

 

人間が生きていく中で
何かに縛られる必要なんて
あるのでしょうか?

 

これはダメ。あれはダメ。
こうしないといけない。
このやり方はいけない。
みんなこうしているから。
こうするべきだ。

 

縛られている鎖のせいで
自分の意志ではなく
縛られた鎖に支配されています。

 

 

 

 

こんなにたくさんの鎖に
縛られている必要は
あるのでしょうか?

 

 

 

 

あなたを縛る鎖からいい加減
自分を振りほどきませんか?

 

 

 

 


鎖を振りほどくことで
見える世界が変わります。

鎖に縛られた思考でしか
物事を考えられなかったのが

振りほどくことで制限がなくなり
今までと違う考えができるんです。


 

 

 

 

自由な考え方が。

 

 

 

 


鎖を振りほどくには
【自分が鎖に縛られている】
という事実を見ることです。


 

 

今の自分の常識を疑いましょう。

 

 

誰しも固定観念を持っています。

 

 


その固定観念はなんの鎖の
影響で生れたものですか?


 

 

 

その固定観念があることは
あなたの人生を豊かに幸せに
しているのでしょうか?

 

 

 

私たちを幸せにし豊かに
してくれるものは
縛られた考え方ではなく

物事を自由に考えて
偏見なく物事をありのまま
見ることができて
ありのまま感じることができる。

 

 

 

そんな状態なのでは
ないでしょうか?

 

 

鎖を振りほどいた状態。

 

 

 

 

 

あなたは鎖に縛られていますか?

 

 

 

 

 

鎖を振りほどくということは
今までの自分を捨てることに
なるかもしれません。

鎖に縛れていた時の考え方が
自分だ。と思っていたから。

 

 

 

 


本当の意味でのあなたは
【もっと自由でもっと身軽】
に生きる存在なんです。


 

 

 

 

だから、
喜んで古い自分を捨てて下さい。

 

鎖を振りほどき
新しい自分を手に入れたら

これからは、
鎖に縛られることがないように
自分を持って生きましょう。

 

 

私たちに、鎖は必要ありません。

 

 

必要なのは【身軽さ】

もっと身軽にもっと身軽に
生きていきましょう。 

 

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA