すぐ隣にあるのに忘れてしまう大切なもの。

大切なものを大切にする。
当り前のことだけど
人間は忘れてしまいます。

 

それもすぐ近くにあれば
あるほど目に入らなくなる。

 

 

でも、
ある瞬間思い出させられる。

 

 

それは、すぐ近くに
私たちのすぐ近くに
いつも居るんだと。

 

 


私たちは一つの感覚を
感じる時
それと正反対のことを
感じれば感じるほど

 

感じたかった感覚を
感じることができる。


 

 

なんだか意味不明
ですよね。

 

 

 

例えば、

辛いものを食べる前に
甘いものを食べれば
辛さは倍増します。

 

冷たい水風呂に入る前に
熱いサウナに入れば
冷たさは倍増します。

 

悲しくて泣いている時に
嬉しい知らせを聞けば
嬉しさは倍増します。

 

 

不思議な感覚ですが
人間は正反対の感覚を
感じれば感じるほど元々
感じたい感覚が増します。

 

 

私たちのすぐ近くに
いつも居る大切な感覚。

 

 

これを感じることで
しっかりと感じなければ
いけない感覚を感じることが
できると思います。

 

私たちのすぐ近くにいるもの。

 

 

 

 

 

 

 

【死】

 

 

 

 

 

 

 

私たちは忘れています。

致死率100%の世界に
存在していることを。

 

 

【死】から逃れることは
誰にもできません。

 

 

全ての人に『時間』が
平等に与えられている
のと同じように

 

【死】も平等に
与えられています。

 

 

 

こう書くとなんだか
恐くなりますよね。

 

 

でも、
【死】という感覚を
感じることにより

【生きる】という感覚を
より感じるはずです。

 


【人生は有限】なんだと。


 

私たちは無意識に
『人生はずっと続く』
と頭で考えています。

今の状態がずっとずっと
続いていくだろう。

 

 

そんな風に知らず知らず
考えて【死】を頭の片隅に
追いやってしまいます。

 

 

 

【死】という感覚は
『今を生きるため』に
最も必要な感覚です。

 

 

 

【死】を突き付けられた事で
あなたは理解したはずです。

 

『人生は有限である』

 

という感覚を。

 

『精一杯生きなければ』

 

という感覚を。

 

 


この二つを感じた時
あなたの心の中で
何かが囁きませんでしたか?


 

 

それは、

『もっと人生を楽しもう』
『時間を有益に使おう』
『悔いのない人生にしよう』
『本当にこのままでいいのか』

という声かもしれません。

 

 

その心の声を無駄にせず
その声に耳を傾けて下さい。

しっかりと傾けて下さい。

 

 


そして、
その声の質問に真剣に
時間を取って考えて下さい。


 

 

心の声はあなたが普段
聞こうとして聞いていない
あなたの本当の声です。

 

 

あなたの声をあなたが聞かず
誰が聞いてくれるでしょうか?

 

 


あなたの心の声は
あなたの人生を
より良くするために
囁いているのです。


 

 

だって、

あなたを毎日見ているのは
あなた自身なのだから。

 

 

人生が変わる瞬間なんて
ほんの些細な瞬間です。

 

心の声に従い進むだけで
人生も変わっていくかも
しれませんよ。

 

 

 

【死ぬ】ことを忘れず
【生きましょう】

 

 

【死】を大切にしましょう。
【生】を大切にしましょう。

 

【あなた自身】を、もっと。
もっと大切にしましょう。

 

 

身軽に生きていいんです。
楽しく生きていんです。
笑って生きていいんです。

 

 

苦しみも悲しみも辛いことも
思い出したくないことも

全て最後は【死】が
持ち去ってくれますよ。

 

 

 

【死】を大切にしながら
あなたが生きたいように
生きていきましょう!

そうすれば【生】が
喜んでくれますからね!

hot-chocolate

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA