許すことは前に進むこと

あなたは小さい時に
友達と喧嘩しましたか?

 

喧嘩した後に
友達やあなたから
謝るんですよね。

 

先生やお母さんから
「○○ちゃん謝ってるから
もう、許してあげてね。」

と、言われて許す。

そして、仲直り。

 

 

 

『子どもは仲直りの達人』

 

 

 

さっきまで喧嘩してたのに
すぐに仲直りできる。

私たち大人も見習わないと
いけませんよね。

 

では、なぜ?

 

『子どもは仲直りの達人』
なのでしょうか?

 

 

子どもだから?
経験が浅いから?
喧嘩の原因が小さな事だから?
心が純粋だから?

 

これらの要因も
あるかもしれませんが

 

一番大きな要因は

 

 

 

相手を【許す】から。

 

 

 

喧嘩して相手のことを
許すことなくずっと
嫌ったままでいると
仲直りなんてできません。

仲たがいになってしまいます。

 

相手のことを【許す】から
喧嘩を終わりにして
前に進んでいけるんですよね。

 

 

 

あなたは【許す心】を
持っていますか?

 

 

 

友達とのことを
書いていましたが

【許すこと】は
他人のことばかりでは
ありません。

 

 

 

あなた自身のこと。

 

 

 

私たちは自分自身で
過去の自分の過ちや
後悔や失敗や挫折を
引きずり続けています。

 

 

 

その証拠が

「あのとき、こうしていたら」
「あれが上手くいっていたら」
「もっと頑張っていれば」
「あのときに戻れたら」
という、

あなたの言葉です。

 

 

 

自分の過去に縛られたまま
になっているんです。

 

 

 

過去をいくら考えても
過去をいくら後悔しても
過去をいくら変えたくても
過去に戻ることはできません。

 

 

この状態では現在にいる
あなた自身が前に進めません。

 

 

あなたの体は現在でも
あなたの心は過去にいる。

 

そんな状態で精一杯人生を
楽しんで生きられるでしょうか?

 

 

あなたが前に進む方法は
たった一つしかありません。

 

 

 

 

あなたがあなた自身を許す。

 

 

過去のあなたを【許す】

 

 

 

 

あのとき~こうしていたら。
もっと頑張っていたら。
選択を誤らなければ。

 

全て今のあなただから
出てくる言葉です。

 

 

 


過去のその瞬間にいる
あなたには上記の言葉は
出てきません。

つまり、過去にいる
あなたに他に選択肢は
なかったんです。


 

 

目の前にある答えを
あなたは選んだのです。

 

 

 

 

自分自身を許してあげて
前に進んでいきませんか?

 

 

 

過去の自分を許せるのは
あなた自身しかいません。

 

 

 

「あの瞬間、自分自身は
その時できることを選択した。
だから、もう過去の自分を
責めるのを止めよう。」

 

「もう、いいんだよ。
過去の自分。」

 

「あなたは頑張った。
次は、今の私が頑張る番。」

 

 

 

 

 

許すことは前に進むこと。

 

 

 

 

 

前に進んでいけば
過去の後悔に対する見方が
変わっていきますよ。

 

前に進める人は
過去の出来事を教訓とし
より良く歩み出すでしょう。

 

 

 

そして、時が経ち
後悔していた過去を
振り返ると以前とは
違う感情があることを
心で感じると思います。

 

 

 


あの過去のときの
あの失敗・あの後悔は
自分の人生において
必要なことだったんだ。


 

 

前に進むことでしか
周りの景色は変えられません。

 

 

今は、周りの景色が
寂しいものであっても
前に進んでいくと
必ず素敵なものに
変わっていくでしょう。

 

 

立ち止まっていることこそ
一番後悔しないといけない事。

 

 

少しずつで構いません。

 

あなた自身が少しずつ
過去のあなたを許して
前に進んでいきましょう!

hot-chocolate

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA