【ひとつなぎの大秘宝】は実在する。

この世に数ある財宝の中で
伝説のお宝とは一体何でしょうか?

 

お宝と聞けば金や銀
高価なコインや骨とう品。

アンティークなものや
宝石の原石などでしょうか?

 

 

漫画『ワンピース』では
大秘宝が存在します。

 

 

それは、実在する。
と言われているけど
どんなものかわからない。

 

 

名前はワンピース。
【ひとつなぎの大秘宝】 

 

 

それを手にするために
海賊達は荒れ狂う海を渡り
他の海賊団と戦う。

その正体さえもわからないのに
ひたすら突き進んでいくんです。

それぐらい魅力あるもの。

 

 

 

 

 

【ひとつなぎの大秘宝】が
この世に存在する。

 

 

 

 

 

と言われたらどうしますか?

 

あなたも欲しいですか?
【ひとつなぎの大秘宝】

 

 

 

 

ワンピースはこの世に
【たった一つしか存在しません】

 

 

 

 

二つとして同じものはない。
オンリーワンのもの。

特別な存在なんです。

とてもきらびやかで
温かく大切のもの。

そこには愛があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

【ワンピースは実在します】

 

 

 

 

 

 

 

【ひとつなぎの大秘宝】とは
一体何なのでしょうか?

 

 

漫画「ワンピース」の
大秘宝の正体は今も不明です。

では、この世にある
【ひとつなぎの大秘宝】の
正体とは何なのか。

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あなた自身】です。

 

 

 

 

 

 

 


【あなた自身】がこの世にある
ひとつなぎの大秘宝なんです。


 

 

 

【ひとつなぎ】=【人繋ぎ】
【ワンピース】=【1 piece】

 

と置き換えて下さい。

 

 

 

私たちは大きな世界に存在します。
この世界は色々な人が集まり

 

 

【一つの大きな世界】

 

 

を創り上げています。

 

 

 

 


私たちはこの世界の
【1 piece】なんです。


 

 

 

 

パズルを想像して下さい。

 

パズルは【1 piece】
足りないだけで、

たった一つ足りないだけで
【完成できません。】

 

 

この世界もそうなんです。
あなたという【1 piece】が
存在することにより

 

 

 


【あなたの世界】が完成するんです。


 

 

 

あなたの人生の主役は
【あなたしかいません】

あなたという【1 piece】が
欠けてしまうだけで

【あなたの世界が完成しない】

 

 

この世に一つしかない。
代わりのきかない存在。

 

 

 

 

 

そして、もう一つ。

 

 

 

 

【人繋ぎの大秘宝】

 

 

 

 

 


あなたという人が
他の誰かと繋がる。

また、あなたと繋がった
その人が他の誰かと繋がる。


 

 

 

こうして、
【世界に大きな繋がり】
ができあがるんです。

あなたは【人を繫ぐこと】
ができる存在なんです。

 

 

 

あなたという人だから
繫ぐことができる人がいる。

 


あなたは【人を繫ぐ】大秘宝であり
この世の【1 piece】であるんです。


 

 

 

この世の大秘宝の正体は

 

 

【あなた自身】なんです。

 

 

あなたは選ばれた存在。

 

 

 

この世に存在している。
ただそれだけで特別なんです。

 

 

 

 

【一は全、全は一】

 

 

 

 


あなたという一つの存在が
あなたの全てであり

この世界という全ての中の
大切な一つの存在なんです。


 

 

 

だから、
あなたという存在は
大切にしていかないと
いけないのです。

 

 

 

あなたの世界には
【あなたが必要なのだから】

 

 

 

自分自身がもしかしたら
ちっぽけでしょうもない人間だ。
と、思うこともあるでしょう。

でも、そんなときは
思い出して下さい。

 

 

世界はあなたを
必要としているんです。

 

 

今はちっぽけだって
しょうもなくてもいいんです。

 

 

あなたが努力すれば
世界は良くなるんです。

あなたの変化の力は
世界に広がっていきます。

 

 

大きな波のように。

 

 


だって、あなたは
この世の【1 piece】だから。


 

 

あなたの世界を今よりも
もっと輝かせていきましょう!

ひとつなぎの大秘宝として!

 

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA