【小さな満足】を重ねると人生が楽しくなる

目標に向かって進んでいたり

やりたいことを現実に
やれるように頑張っていたり

というような

 

大きな到達点に向かっている時
最終地点にまで着かないと
満足できない。

 

 

目標を達成するまで
頑張らないといけない!

 

 

という意識に
なっていませんか?

 

 

 

この意識のまま
目標に行こうと思っても
息切れしてしまいます。

 

 

目標までの距離が
近ければいいのですが

 

遠い場合はスタミナが切れて
最悪途中で諦めることに
なりかねません。

 

 

 

 

目標までひたすらではなく

 

 

 

 

 

【小さな満足を重ねる】

 

 

 

 

 

という風に意識を
変えてみませんか?

 

 

 

 

良い意味で
【自分に甘く】
なるんです。

 

 

 

 

大きな最終目標に
到達するまでひたすら
走り続けられる人は
あまりいないと思います。

 

 

最終目標に進む途中で
キリにいいポイントまで
到達したらその度に

 

 

【満足を味わうんです】

 

 

 

そして、

 

ちょっと一休みや
自分へのご褒美を用意したり

というように

 

自分を祝ってあげるんです。

自分に甘くなってあげる。

 

 


どんなに小さくても
【満足は満足】です。

 

満足を得られると
【充実感も得られます】

 

充実感が得られれば
これまで頑張ってきた
【努力が実っている】

という実感が得られます。


 

 

実感を得ることは
次の目標へ向かう
【原動力】となります。

 

 

 

 

大きな最終地点まで
【小さな満足を重ねる】

 

 

 

 

スタート地点から
最終地点は遥か彼方に
感じるものですが

 

 

【小さな満足と小さなお祝い】
を何度もしながら進むと

 

気がつけば目標地点に
近いところまで来ている。

 

少しずつ心と体の休憩を
挟みながら進んでいるので
息切れせずに来れるんです。

 

 

 


【満足感】は【自信】にも
繋がっていきますから
【進むスピードも上ります】


 

 

 

この方法を利用しないのは
勿体ないと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

A子さんはちょうど1年後
「自分の店をオープンする」

 

という大きな目標に
向かって進んでいる状況。

 

 

ですが、

最近、目標が遠く感じて
進むことができなく
なってきていました。

 

 

「お店をオープンなんて
無理かもしれないな…。」

 

 

 

そんな時、友人から
電話があり気晴らしに
カフェに行きました。

 

今までのいきさつを
全て知っている友人は

A子さんが疲れていることが
気になっていました。

 

 

話をしているといきなり
店内が真っ暗になりました。

 

 

すると、

お店の奥から店員さんが
バースデーケーキを
持ってきてくれました。

 

 

ちょうど、その日は
A子さんの誕生日
だったんです。

 

 

「A子誕生日おめでとう!
今日はちょっと一休みして
誕生日と今までの努力を
お祝いしようね!」

 

 

 

A子さんは自分の誕生日を
忘れてしまうぐらい
自分のお店の事で頭が
一杯だったんです。

 

 

A子さんは泣いていました。

 

 

今までの苦労と友人が
祝ってくれた嬉しさが
入り混じっていました。

 

 

 

「A子はいつも頑張りすぎ!
私みたいに一休みしながら
進めばいいんだよ。

 

じゃあ今日は私がA子の
今まで頑張ってきたことを
お祝いしてあげよう!

 

次からは自分で自分の事を
祝ってあげるんだよ(笑)

 

たまには、
自分に甘くならないとね。」

 

 

 

 

 

 

A子さんはこの日以来
やる気が復活したようで
オープンに向けて
進んでいました。

 

 

でも、

常に進み続けるのではなく
一休み&自分にお祝いを
挟みながら進みました。

 

 

お店の場所が決まれば
一休み&自分にお祝い

 

店のデザインが決まれば
一休み&自分にお祝い

 

店のコンセプトが決まれば
一休み&自分にお祝い

 

契約が一段落つけば
一休み&自分にお祝い

 

というような感じで。

 

 

 

そして、

気がつけば1ヶ月後に
お店がオープンという
状況になっていました。

 

 

 

ついに、A子さんは
最終目標まで
到達したのでした。

 

 

A子さんは言いました。


「自分に厳しいだけでは
目標に到達できない事が
よくわかりました。

 

【自分に甘い】ことが
悪い事だと思っていたけど

 

そうじゃなくて

 

【小さな満足を得るため】に
【自分に甘くする】

 

という必要があるんだと
理解できました。

 

 


【満足感】を得るのは
【目に見える形】で
自分に甘くするのが
効果的だと思います。


 

そんな【甘い場所】
最終目標までたくさんある
と思うと俄然やる気も
出てくると思いますよ(笑)

 

 

昔の私と同じように目標を
諦めようとしている人は
小さな満足を重ねて下さい。

 

そして、

自分を褒めてあげて下さいね。


 

 

 

 

 

【小さな満足を重ねる】

 

 

 

私たちは【誰か】に
褒めてもらうよりも

 

【自分自身】
褒めてもらう回数の方が
少ないと思います。

 

 

 

なぜだか変なところで
自分に厳しくなって
自分を褒めようとは
しないんです。

 

 

 

【小さな満足を重ねる】

 

【自分に甘くなる】

 

 

そして、

 

 

【自分自身を褒めてあげる】

 

 

まだ、

最終目標に到達して
いない状況でも
進んできたんだから。

 

 

 

 

そうして、

気分一新できたら
また、進めばいい。

 

 

 

 

その繰り返しの中で
気がつけば目標地点に
近づいていることでしょう。

 

 

 

【小さな満足を重ねる】

 

 

 

【満足感を得る】のは
【幸福】にも繋がります。

 

 

 

 

自分自身の頑張りを
あなた自身が褒めてあげて
祝ってあげて下さい。

 

ここまで頑張ってきた
【満足感】を得て
再出発しましょう。

 

 

 

人生をマラソンとして
考えた時の【補給地点】

 

 

それが、
【満足を重ねる瞬間】
と思って下さいね!

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA