一歩が踏み出せない時はいつも通りを止めてみる

どんなことでも新たな一歩を
踏み出すには勇気がいります。

 

大きなことでも小さなことでも。
その大きさに関係なく。

 

 

新たな一歩を踏み出すということは
【今までと違う環境】に身を置く。

 

 

ということになりますよね。

 

 

人間は変化を嫌いますので
少しでも何かが変わることに
戸惑いを持っています。

だから、
なかなか新たな一歩を
踏み出すことができません。

 

踏み出したいのに。
変りたいのに変れない。

 

 

 

そんな時には、
メインとなる事柄ではなく

 

 

【いつも通りを止める】んです。

 

 

 


【いつも通り】行なっている事に
変化を起こすんです。


 

 

難しく考える必要は
全くありません。

日常のちょっとしたことで
大丈夫なんです。

 

まずは、
小さい変化を起こし変化に慣れて
【新たな一歩】を踏み出すという
大きな変化にしていけばいいんです。

 

 

 

 

例:
Lさんは今までの仕事を辞めて
自分が長年やりたいと思っていた
アクセサリー作家になろう。

 

と、考えていた。

 

 

でも、実際のところ
何も進んではいなかった。

 

休みの日も出かけるのに忙しく
仕事の帰宅後もテレビを見ていた。

 

 

ある日のこと。
『自分の店を始めました!』と
Facebookに友達が投稿していた。

その記事を見てLさんは
このままじゃいけない。
と、感じるようになった。

 

 

でも、いきなり新たな一歩を
踏み出すのに不安だった。

 

 

そこで、Lさんは
【いつも通りを止める】
ことにしてみた。

 

 

・いつも通っている道を変えて
違う道で出勤してみる。

・いつもと同じ時刻の電車
ではなく一本早い電車に乗る。

・いつもお昼を食べてるカフェ
ではなく違うカフェに行く。

・いつも聞いてる音楽ではなく
違うジャンルの音楽を聞いてみる。

・いつも見ていたテレビを止め
アクセサリーの本を読む。

・いつも出かけていた週末を止め
アクセサリー作りに時間をとる。

 

 

少しずつではあるが
Lさんは変えていった。

 

 

【いつも通り】を止めていった。

 

 

すると、
生活スタイル自体が大きく
変わっていったのだった。

 

 

気がつけば帰宅後は
アクセサリーの勉強。

週末はアクセサリーを作る
作業に没頭していた。

自分自身の作品もある程度
完成していた。

 

 

そこで、
Lさんは自分が作った
アクセサリーをインスタグラム
に載せてみんなの反応を見てみた。

 

なんと、なかなかの反応!
自分の予想以上だった。

 


気が付いたらLさんは
今までの仕事を辞めていた。


 

本格的にアクセサリー作家の
道を歩きはじめるのだった。

 

 

 

 

 

ほんの少しでいいんです。
日常のほんの少しの変化を。

 

【いつも通りを止める】こと。

 

それだけで、
違う刺激を得ることができ
違う世界を見ることができる。

 

 

 


環境の変化を小さく起こすことで
【変化に慣れる】ことができる。


 

 

 

違う変化の中の生活に慣れると
新たな一歩が踏み出しやすくなる。

 

 

 

このままじゃいけない。
でも、踏み出せない。

 

そんな時は、
【いつも通りを止める】

 

 

 


私たちは【いつでも】
新たな一歩を踏み出せるんです。


 

 

 

チャンスは常に【いつでも】
近くにすぐそこにあります。

 

 

後は、踏み出すのみ!

小さくても大きくても
一歩踏み出せばいいんです。

 

小さな勇気を持って
踏み出してみましょう!

 

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA