人生は常に流れている。

日常の中では些細な事から
大きな事まで色々なことが
起こります。

 

 

さまざまなことが。

 

 

・足の小指をぶつけたり。
・道端でお金を拾ったり。
・信号のタイミングがよかったり。
・入った店が美味しかったり。

 

 

そんな細かいことから
自分の人生を左右するような
大きなことまで。

 

・パートナーと別れたり。
・事故を起こしてしまったり。
・会社を解雇されたり。
・病気になってしまったり。

本当にさまざま起こります。

 

 

この事柄に対して私たちは
自分の人生の中で

 

 

 

『切り取って』考えます。

 

 

 

起こった物事を
その瞬間切り取って

その時の状況だけで
物事を考えます。

 

「あのときこうしていたら…」
「事故る前に気をつけていたら…」
「彼女と別れなかったら…」
「会社に解雇されてしまった…」

 

後悔して後悔して
その物事のその瞬間だけで考えます。

 

 

でも、時間が経つと
その物事の見方が変わります。

 

 

・あのときパートナーと別れたから
異性の中身を見れるようになった。

・あのとき会社に解雇されたから
本当にしたいことが始められた。

・あのとき事故って入院したから
今のパートナーと知り合えた。

 

 

こうなると、
以前は後悔していた物事が

 

 

 

【良い物事】に変ります。

 

 

 

不思議ですよね。
でも、それが当然なんです。

 

 

 

人生は『常に流れて』います。

 

 

 

『止まっている』のではなく
『常に流れて』います。

 

でも、私たちは物事を
『切り取って』考えます。

 

切り取ることで物事の
起こった時間が
止まったままになります。

 

ずっと止まったまま。

 

でも、それとは裏腹に
人生は流れています。

常に流れています。

 

 

ということは、
物事が起こった時に

 

その物事の性質は
『決まらないんです。』

時間が経ってから
『決まるものでもない。』

 

 

 

もっと突き詰めれば
起こった物事に

 

 

 

【良いも悪いもない。】

 

 

 


良いか悪いかは
私たちが勝手に
決めつけてる。


 

起こった物事自身に
良い悪いの性質は
備わっていないんです。

 

 

だから、後悔する必要もないし
その物事に悩まされ続ける必要も
全然ありません。

 

 

起こった事はただ起こったんです。

 

 

良いも悪いもありません。
今日の運勢も関係ありません。

 


【ただ起こっただけ】です。

人生は常に流れています。


 

一つの物事に縛られるのは
もう止めましょう。

 

縛られる必要なんて
元々ないのですからね。

 

hot-chocolate

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA