『会話が続かない』時は続けなければいい

人間は言葉を使って
会話というものをします。

 

日常生活の中で
仕事の中で
人生の中で。

 

好きな人との会話なら
楽しくてあっという間。

苦手な人との会話なら
苦痛な時間。

 

会話が続かない時なんて
空気が重いですよね。

 

 

 

どうすれば会話が続くのか?

 

 

 

そう悩んでいる人は
大変多いと思います。

話さないといけない状況で
会話が続かないなんて
辛いですもんね。

 

 

会話が続かないから
なんとかネタを探して
会話を続けようとする。

 

そして、

また途切れようとすると
なんとかネタを探す。

また途切れたらまたネタを…

 

そりゃ疲れますよ。

 

 

 

 

 

『会話が続かない』なら
続けなければいいんです。

 

 

 

 

 

【会話を続けなければいけない】
と、誰もが思い込んでます。

 

 

会話が途切れる=悪いこと

 

 

という風にも思ってます。

 

 

本当にそうでしょうか?

 

 

 

 

例えば、

 

見た目はわからないけど
体調不良でしんどい人と
会話をする状況で

会話を続けようとする事は
『その人のため』
なるのでしょうか?

 

会話を最小限にする方が
しんどい人にとって
【良いこと】ですよね。

 

 

 

もともと会話が苦手で
【沈黙の状態が大丈夫な人】
も中には居るわけです。

 

初対面の人には
【心を開けようとしない人】
も中には居るわけです。

 

 

そんな人に対して
『会話を続けようとすること』
は良いことではない。

 

 


会話というものは
『続く時は続くもの』
なんです。


 

 

 

 

続かなければやめればいい。

 

 

 

 

一旦、会話をやめて
ふと違う話題が頭をよぎれば
また、始めればいいんです。

 

 

 

 

 

大切なことはあなたが
【聞ける人】になること。

 

 

 

 

話し上手は聞き上手

 

 

 

 

と言われるには訳があります。

 

 


【聞き上手】な人は
相手の話を聞きながら
【相手の人を理解】
しようとします。


 

 

相手の人を理解できれば
相手の人が好む会話を
することができます。

ただ、無理に会話を
しようとはしません。

 

 

質問されて嫌な人も
いるからです。

 

 

 

そんな時は
自分の話をしつつ
合間に相手に質問する。

 

そうすると

相手の人は尋問な感じ
ではなく気軽な質問と
感じますので

答えてくれたりします。

 

 

一つでも質問に
答えてくれたなら
二つ目を答えてくれる
確率はかなり高まります。

 

 

そして、

そこから新たな会話が
始まるんです。

 

 

 

 

あなたは自分の事ばかり
話していませんか?

 

相手のことを理解しようと
会話の中で努めていますか?

 

相手が答えやすいような
状況を作ろうとしていますか?

 

 

 

 

 

【相手のことを考える】

 

 

 

 

 

相手がどういうタイプか。

話好きか会話が苦手か。

聞く姿勢を取れば
話してくれるのか。

初対面の相手には
心を開かないタイプか。

沈黙が大丈夫な人なのか。

一体どんな人だろう。

 

という具合に

 

 

 

 

 

【相手を知ること】

 

 

 

 

 

も必要なんです。

 

 

 

 

仲の良い友達が
彼氏と喧嘩して泣いていた。

話しかけても何があったか
全く答えてくれない。

いつもは会話が続く相手なのに。

 

 

あなたは【友達の事】
を考えました。

 

『今は話したくない時』
なんだなと。

 

 

そして、
友達に言いました。

 

「私は隣に居てあげるから
喋りたくなったら彼氏と
何があったか教えてね。

でも、喋りたくなければ
喋らなくていいからね。

それでも、私は隣に
変わらず居てるからね。」

 

こんな時
会話を続けようとは
しませんよね。

 

会話は無理に続けようと
しなくてもいいんです。

 

 

 

 

ですが、

 


聞き上手にはなりましょう。
相手を知ろうとしましょう。
相手が話しやすい雰囲気や
環境を作ってあげましょう。


 

 

それらができれば
あなたは立派な
会話の達人ですよ!

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA