挫折を人生から追い出すたった一つの方法

今までのあなたの人生の中で
挫折を経験したことありますか?

 

何かに挑戦したことが
ある人なら誰しも経験する
ものではないでしょうか?

 

今まで、挫折の連続だった
そんな人もいるでしょう。

 

 

挫折は苦しいものです。
できることなら
味わいたくないものです。

 

 

 

これからは、
【挫折のない人生】に
シフトチェンジしませんか?

 

 

 

一般的に【挫折】という
言葉を指すときに
【失敗】という言葉も
含めた状況で使われます。

 

まず、ここが問題です。

 

 

 

挫折≠失敗

 

 

 

【挫折】と【失敗】は
似て非なるものです。

 

 

もちろん、失敗するから
挫折するわけですが
挫折≠失敗なんです。

 

失敗とは、
物事の生じた結果です。

 

 

 

 

例えば、
仕事で新たな企画を受け持ち
自分主導で進めていたが
売り上げが上がらずに
この企画は失敗になった。

 

新たな企画の結果は
うまくいかず【失敗】
と受け止められるものに
なってしまったんです。

 

 

では、この時
【挫折】していますか?

 

 

「今回の企画は○○が原因で
うまくいかなかった。
でも、次は頑張ろう!」

 

という気持ちであるなら
【挫折】は含まれていません。

 

 

周りの人間がどう捉えようと
自分は【挫折】していないんです。

 

 

 

挫折=心が折れる

 

 

 

【挫折】するときの状況。
一体どんなものかあなたは
思い浮かべられますか?

 

 

 

【挫折するとき】は必ず
ある感情が先にあるんです。

 

 

 

 

 

 

それは、【期待】

 

 

 

 

 

 

自分への【期待】
なのかもしれません。

 

結果への【期待】
なのかもしれません。

 

努力への【期待】
なのかもしれません。

 

 


【挫折】するときには
必ず【期待】があるんです。


 

 

 

 

例:
①大学受験で必死に勉強して 
頑張ってきた結果に期待した。

でも、不合格になり
【挫折】を味わうことになる。

 

数週間立ち直れず
これからの人生どうするか
なかなか考えられなかった。

 

 

②大学受験だったけど
全然勉強しなかった結果
不合格になってしまった。

進学はあきらめて
仕事に就こうと決める。

 

でも【挫折】は味わっていない。

 

 

 

この二つは同じ結果
【同じ失敗】です。

 

 

①は【挫折】を味わい。
②は【挫折】を感じていない。

 

 

 

この違いは【期待】が
あるかどうかです。

 

 

 

【期待】を持つことは
良いことなのでしょうか?

 

 

 


【期待】とは現実世界には
全く関係のない自分自身が
勝手に作り上げた
ある意味での『妄想』です。


 

 

 

あなたがしている【期待】は
この世のどんなものにも力や
影響を及ぼすことはありません。

 

その【期待】に必ず
答えてくれるものも
存在しません。

 

 

 

私たちが何かに勝手に
【期待している】

 

そして、期待と違う結果
【挫折感】を味わっている。

 

 

 

【挫折】を人生から追い出す
たった一つの方法。

 

 

 

 

 


期待しないということ。
結果をそのまま受け止める。
ということ


 

 

 

 

 

どんだけ努力しても
ダメな時はダメなんです。

 

 

 

でも、

それで今までの努力が
無駄になることはありません。

努力はあなたの身になり
力になっているから。

 

ただ、結果がダメだった。

 

 

 

この結果を受け止めて
これからの人生を考える。
という思考にシフトするんです。

 

 


シフトするしかないんです。
結果は後から変えられません。


 

 

 

そして、この状況で
【挫折する必要】も
ないんです。

 

 

 


物事に期待せず
起こるがままに
ありのまま受け取る。


 

 

 

これが大切なんです。

 

 

いきなり【挫折】を
人生から追い出すことは
難しいかもしれません。

 

でも、【期待しない生き方】
を少しずつ実践していくと

 

気がついたときには
あなたの人生から
【挫折】がいなくなっている
かもしれませんね!

hot-chocolate

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA