【未来を閉ざしている】のはいつも自分。

あなたは自分自身の
明日が、どうなるか。
分かりますか?

 

「明日も平日だから
今日と同じ一日だろう。」

 

と考えるはずです。

 

 

では、1年後。

あなたはどんな生活を
していると思いますか?

 

「今の会社はストレスが
少ないから仕事も普通に
こなしてこのままかな。」

 

と考えるはずです。

 

 

 

 

この考えこそが
【あなたの未来】を
閉ざしているんです。

 

 

 

人生は不思議なもので
どうなるか誰にも
予測はできません。

 

自分の人生なのに
自分自身でも予測は
できません。

 

 

 

人生はフリーな状態
であるのに、

 

あなた自身が拘束して
未来を決めつけて
しまっているんです。

 

 

 

明日がどうなるかなんて
今日の自分には全く
予測できないんです。

 

 

でも、

 

あなた自身が【今日と同じ】
と決めてしまうから

【今日と同じ明日】が
訪れるわけです。

 

 

 

明日、考えたこともない
素敵な出会いがあるかも
しれないのに。

 

 

 

今日と同じ一日。と
頭の中で決めてしまうと
他の事は意識に入らなくなる。

 

 

だって、

今日は昨日と同じだから。

 

 

 

もし、

明日は今日はなかったけど
素敵な出会いがあるかも!
素敵な何かがあるかも!

 

 

という
【可能性】を

持つ意識に変えると
どうなるでしょう?

 

 

 

未来は予測不可能
であるからこそ

 

 

 

 

【どんな可能性にも
満ち溢れているんです】

 

 

 

 

それを閉ざすことなく
生きるようにすれば
毎日への意識が変わります。

 

 

 

 

 

 

 

Qさんは小さな花屋を
営んでいます。

 

今月の売り上げはあまり
良くありませんでした。

2週間前から注文が落ちて
悩んでいました。

 

 

「明日も今日みたいに
売り上げ少ないかもね。」

 

 

ここ最近寝る前に
いつも同じことを
考えていました。

 

 

 

 

次の日、

 

Qさんが考えていたように
その日も、売り上げは
悪い状況でした。

 

 

 

Qさんは店を閉めてから
気分転換に近くの
カフェに行きました。

 

ドリンクが来るまでの間
カフェに置いていた
雑誌を手に取りました。

 

 

ペラペラとめくっていると
あるページでQさんの手が
ぴたりと止まりました。

 

 

そのページは
中高年夫婦が営む
カフェの紹介ページでした。

 

なぜかQさんはそこに
書かれている文章に
目が止まったのでした。

 

 

奥さんがお店のこれまでを
話しているのですが…


「私たちは違う土地から
引っ越してきてここで
店を始めたんですが、

 

最初は本当に大変でした。
お客さんがあまり来ない(笑)

 

今でこそ、たくさんの方が
こうして来てくれますが
当初は売り上げが悪く

いつまで持つか…。
という状況でした。

 

 

でも、

そんな状況であっても
うちの主人がいつも
口にしていた言葉に
私は励まされました。

 

 

 

【明日は今日と同じなんて
誰が決めたんだい?

 

明日が今日と同じになるか
全く違う一日になるかは
誰にもわからないんだよ】

 

 

 

【大切なことは未来には
無限大の可能性がある

ってことを胸に刻みながら
毎日を精一杯働けばいい】

 

 

 

【精一杯働けば
その思いがお客さんに
必ず伝わるからね】

 

 

主人の目はどんなに
売り上げが悪くても

未来を楽しみに
しているようでした。

 

 

 

店を初めて2ヶ月が
経とうとしていた
ある日のこと。

 

急に店にお客さんが
増えてきたんです。

 

最初は、原因がなぜだか
全くわからずでしたが

あるお客さんがSNSに
うちのカフェのことを
投稿されたみたいで

それが拡散された
というものでした。

 

 

 

今は主人のあの言葉の意味
がよく理解できます。

 

 

【未来は無限大の可能性
があるから毎日を精一杯
生きなくてはいけない】

 

 

【未来を自分自身で
閉ざしてはいけない】

 

 

という言葉が。

 

未来を閉ざせば
【今の自分自身】も
同じように閉ざして
しまうんですから。


 

 

Qさんは自分が
泣いていることに
気がつきました。

 

 

 

その日の夜。
寝るときにいつもの
口癖はありませんでした。

 

 

その代わり

 

「明日はどんな一日だろう。
どんな一日でも精一杯
生きていこう。楽しもう。」

 

と、口ずさんでいました。

 

 

 

1ヶ月後、Qさんを
待っていたのは

 

沢山のお客さんからの
注文のメールでした。

 

 

 

少し前にデコレーション
を施した花束が拡散され
人気が出たのでした。

 

Qさんは思いました。

【自分で未来を閉ざさないで
本当によかった】と。

 

 

 

 

 

 

あなたは自分自身で
未来を閉ざしていませんか?

 

 

 

 

未来には予測不可能な
無限大の可能性があります。

 

その可能性に目を向けるのか。
可能性から目を背けるのか。

 

それは、あなた次第なんです。

 

 

 


未来に繋がる行動を
あなたが頑張って
続けてきたのであれば

 

その行動はなんらかの形で
未来に繋がるでしょう。


 

 

ただ、それはすぐか。
遅くなるかは分かりません。

 

 

可能性を自分で閉ざさずに

未来をオープンな形で
受け取ろうとしていれば
必ずやってくるでしょう。

 

 

 

明日は今日の自分でも
どうなるかわからない。

 

でも、

今日、頑張るかどうかは
今の自分が決められる。

 

今日を頑張ることが
明日に繋がる。

 

 

 


その繋がった明日が
今日とは違う可能性に
溢れる一日になる。


 

 

その繰り返しの中に
変化や大きな喜びが
眠っているんですね。

 

 

未来を閉ざすことは
今を閉ざすことにも
繋がってしまいます。

 

 

オープン心を持ち
未来を楽しみにして
生きていきましょう!

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA