こうでないといけない。ことなんて何もない。

自分自身の精神状態で
物の受け取り方や
考え方は変わってきます。

 

良い時はポジティブに。
悪い時はネガティブに。
普通な時はフラットに。

 

良い時や普通な時は
どんなことも良い側を
見ることができますが、

悪い時は【悪い側】しか
見ることができません。

 

 

精神状態が悪い時に
どういう言葉を自分に言えば
いいのでしょうか?

 

 

どういう考えを持てば
いいのでしょうか?

 

 

少しでも自分が楽になる。
気が楽になること。

 

 

 

私たちは物事に対して
【こうでなければならない】と
決めて考えてしまう節があります。

 

 

 

【こうでなければならない】と
思っているので物事がその状態と
違う状態であれば苦悩するわけです。

でも、考えてみて下さい。

 

 

 

この世には、
【こうでなければならない】
ことなんて何もないのです。

 

 

 

物事が自分の中で思っている
【こうでなければならない】
状態ではなかったとしても
苦悩する必要はないんです。

 

 

 

 

「それならそれでいいじゃない。」

 

 

 

【こうでなければならない】
ことなんてないわけですから
【その時の状況】でいいんです。

 

 

【その時の状況】を受け止めて
どう対処していくか。に、考えを
切り替える必要があるわけです。

 

 

【こうでなければならない】と
思い続けていると、今の状況を
きちんと見ることはできません。

 

 

 

例:
Fさんは仕事で集客担当を
一任されていました。

初めて一任されたことで
気合が入っていました。

 

 

プロジェクトの目標は
3か月後のイベントに
200人集めること。

 

 

Fさんは色々な案を練ります。
知名度が低いイベントなので
集客は大変なものがありました。

 

ですが、Fさんは頑張ります。
自分が考えれる事は試しました。

 

 

そして、
イベント当日を迎えました。

 

 

 

 

 

結果は100人の参加でした。

 

 

 

 

 

このイベントの集客は
【満員でなければならない】と。
それしか【成功】ではない。

 

 

と、Fさんは思っていたので
愕然としていました。

 

 

 

その時、同僚のIさんが
近くに来て一言伝えました。

 

 

「それならそれでいいじゃない?」

 

 

「満員でなくてもいいじゃない?」

 

「イベントはできているんだから
これからどうするかよね!

 

 

 

Fさんはその言葉に救われました。

 

 

自分の中にある
【こうでなければならない】と
思ってたことを壊してくれました。

 

 

Fさんは顔をあげて
今の状況をしっかりと見ました。

 

そして、結果を受け止めて
【これからどうすべきか】を
考え始めるのでした。

 

 

 

 

 


【こうでなければならない】ことは
この世にはありません。


 

 

 

 

それを作り出しているのは
私たち自身であり、
それに苦しんでいるのも
私たち自身なんです。

 

人生は思わぬ方向に進みます。
自分が予想できない状況に。

 

誰も先を予想することは
できないんです。

 

 

【こうでなければならない】
状況になるかどうかもわからない。

 

でも、自分が思った状況に
なってなくてもいいじゃないですか。

 

 

それは、失敗ではないのです。

 

 

その状況を受け止めて
再び歩み始めればいいのです。

 

 

【失敗とは止まること】

 

 

 


歩み続けることで
あなたがその時に思っていた

こうでなければならない状況を
超える結果を受け取るでしょう。


 

 

 

「それならそれでいいじゃない。」

 

 

 

どんなときもこの言葉を
自分に言い聞かせて前に。

 

ただひたすら前に進みましょう。

 

その歩みの先にはまた違う
大きな恵みがあるのですから。

 

もっと身軽に生きましょう!

 

hot-chocolate

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA