一つの木のように【自分を育て続ける】

 

私たちはオギャー!
と泣いて生まれてから

 

少しずつ大きく成長し
大人になっていきます。

 

 

 

日本は長寿で「人生80年」
といった具合でしょうか?

 

80年と聞くと本当に
長い長い一つの物語が
ここにあるんですね。

 

 

 

子供から大人に成長して
大きくなりますが

 

しっかり食事をし
健康的な毎日を過ごせば
体は成長していきます。

 

 

 

身長もぐんぐん伸びるし
体重もスタイルも
幼少期とは見違えるほど
変わっていきますよね。

 

 

 

そして、いつしか
【大人】と呼ばれる。

 

時が経てば誰もが
【大人になる】

 

 

 

 

小さな芽が育ち
大きな木になるように。

 

私たち一人ひとりが
【一つの木】だと
考えてみて下さい。

 

 

 

同じ種類のものであっても

・周りの環境
・摂取するもの

で大きさは異なります。

 

 

 

日が良く当たる環境と
日が当たらない環境では
大きさは変わるでしょう。

 

 

土に栄養がある場所と
カラカラな大地では
大きさは異なるでしょう。

 

 

御神木と呼ばれる木は
その土地の気を存分に吸い
大きく成長し長い間
そこに存在しています。

 

 

その御神木と同じ種類の
木であっても細くて
あまり育たない木もあります。

 

 

 

 

木は何かと似ている
と思いませんか?

 

 

 

 

そう、私たち人間。

 

 

 

 

 

一つの木のように
【自分を育て続ける】

 

 

 

 

 


どのような環境に
自分を置くのか。

どのようなものを
自分に摂取させるのか。


 

 

 

これまで生きてきた中で
考えた事はありますか?

 

 

 

目に見える『体・健康』
に関しては考えるでしょう。

 

 

例:

太ってきたから
『甘いものの摂取は抑える』

 

 

脂肪を減らしたいから
『油っぽいものを取らない』

 

 

便秘が続いているから
『食物繊維を取る』

 

 

テレビでリンゴが
美容に良いと聞いたから
『リンゴを食べる』

 

 

 

ぶよぶよの体を
ガチガチにしたいから
『スポーツジムに通う』

 

 

全然運動してなかったけど
健康のために
『朝に走る生活』
に挑戦する。

 

 

寒くなってきて
風邪を引かないように
『部屋に防寒対策を施す』

 

 

インフルエンザが流行して
自分もかからないように
人の多い通勤電車から
『自転車通勤に変える』

 

 

という感じですよね。

 

【目に見える部分】には
私たちは気を使います。

 

 

 

【心・人間性・知識】
はどうでしょうか?

 

 


どのような環境に
自分を置くのか。

どのようなものを
自分に摂取させるのか。


 

を考えた事がありますか?

 

 

 

 

 

【健康・体】という
目に見える部分は

 

木に照らし合わせると
『地上に出ている幹』
だと思います。

 

 

 

【心・人間性・知識】という
目に見えない部分は

 

『地下にある根っこ』
なんです。

 

 

 

 

 

大きな木を見ると
幹の大きさに圧倒
されてしまいますが

 

実は、それ以上に
【根っこが大きいんです】

 

 

大きなしっかりとした
【根っこがあるからこそ】
大きな幹がある。

 

 

 

 

 

 

一つの木のように
【自分を育て続ける】

 

 

 

 

 

大きな木にしたければ
『大きな根を張ればいい』

 

 

 

根っこ=心・人間性・知識

 

 


目に見えない部分に
どれだけ気をつかえるか。

 

どのような環境に
自分を置くのか。

 

どのようなものを
自分に摂取させるのか。


 

 

このことが

【根っこを大きくすること】
に深く関わるんです。

 

 

 

ただ早く帰りたいと
考えて過ごす仕事場に
自分を置くのが正解なのか。

 

それとも、

 

自分自身がやりたいと
思える事を形にしようと
模索し続ける環境に
身を置くのが正解なのか。

 

 

 

自分の付き合う人間が
性格が悪く、意地汚い人間
の環境に身を置くのか。

 

それとも、

 

人の事を考えてあげられる
心優しい人間と付き合う
環境に身を置くのか。

 

 

 

与えられたことを
与えられた分だけ
こなしていく場所に
ずっと居続けるのか。

 

それとも、

 

自分で考えて
解決策を探して
自ら行動して働く場所に
ずっと居続けるのか。

 

 

 

 

自分という一つの木を
大きく成長させるのは
どういう環境なのか。

 

 

この事に対して一度
じっくり考えてほしい
と思います。

 

 

 

考えた結果。

 

今、自分がいる場所が
自分という木にとって
成長を妨げる場所だと
感じたのであれば

 

環境や摂取するモノを
変えていって下さい。

 

 

 

環境や摂取するモノが
少しでも変われば
あなた自身が変わります。

 

気がつけば驚くほどに。

 

 

 

 

 

一つの木のように
【自分を育て続ける】

 

 

 

 

 

どんなに大きな木でも
最初は、みんな同じ
小さな小さな種だった。

 

 

つまり、

 

他の木が大きくなったのなら
あなたも大きくなれるんです。

 

 

 

 


どのような環境に
自分を置くのか。

どのようなものを
自分に摂取させるのか。


 

を意識して下さいね。

 

 

あなたという大木を
この地球の大地に
誕生させて
下さいね!

hot-chocolate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA