人生で所有するべきもの

私たちの世界には
たくさんの物が
溢れています。

 

物だけではありません。
人も思いも溢れています。

 

 

たくさんのものが
この世にありそれを
全て所有することは
到底できません。

 

 

考えてみてください。

 

 

 

私たちがこの世で
『所有しているもの』

 

 

 

自分自身がこの世から
存在が消える瞬間に
『所有しているもの』
をあの世に持って行ける
のでしょうか?

 

 

 

 

この世に溢れている
たくさんの物やお金を
所有しようとすること。

 

これは意味があること
なのでしょうか?

 

 

 

物だけではありません。
生き物も同じです。

 

 

生き物や物には【魅力】
が付きまとっています。

その【魅力】に魅了され
そのものを所有したいと
思います。

 

 

でも、所有したときから
感じていた【魅力】
減っていきませんか?

 

 

 

あれほど欲しかった服を
所有した瞬間から
その服に興味が無くなる。

 

 

あれほど好きだった人と
付き合え所有した時から
その人に対する気持ちが
失われていく。

 

 

あれほど欲しかった結婚
という状況が叶う時になり
結婚することに魅力が
無くなってしまう。

 

 

 

 

私たちは何かに
【魅力】を感じる時。

 

 

そのもの自体に対する
【魅力】ではなく

 

 

 

そのものから得る
【イメージ】に魅力を
感じているんです。

 

 

 

 

欲しい服がある時
ネットで何度も見て
自分がその服とどんな
コーディネートするか
想像して楽しむ。

 

 

好きな人を見て
その人と付き合って
デートしている瞬間
付き合っている瞬間を
想像して楽しむ。

 

 

一般的に言われている
結婚という状況の
夫が仕事で自分は家で
ゆっくり過ごすイメージ
をして楽しむ。

 

 

 


『私たちは自分たちが
好きに描いたイメージ』
を愛しているんです。


 

 

 

そして、
欲しかったものを
所有するとどうなるか?

 

 

それまで楽しんでいた
自由なイメージを
描かなくなります。

イメージを描く必要が
無くなってしまうから。

 

 

もう既に自分の手にあり
いつでもそのものを
感じることができてしまう。

 

 

『手に入れたことに満足』
してしまうんです。

 

 

満足するということは
それ以上は上に行かない
ということを表します。

 

 

それ以上に、
そのものに【魅力】は
感じないという表れ。

 

 

 

 

人や物を所有すること
に意味はあるのでしょうか?

 

 

 

 


【私だけのもの】
という【所有の意識】
を捨ててみませんか?


 

 

 

 

だって、どんなものも
あの世には持っていくこと
はできないんです。

 

 

 


つまり、
本当の意味での
【自分のもの】
ではないんです。


 

 

 

この世にあるもので
あの世に持っていけるもの。

それこそが、
本当に大切に所有すべきもの。

 

 

 

あなたの心。

 

 

あなたの思い出。

 

 

あなたの思い。

 

 

あなたの人生。

 

 

あなた自身。

 

 

 

好きな服があっても
永遠に着続けることは
できないんです。

大切に所有していても
着れる瞬間は限られている。

 

例:
・痛んで着られなくなる。
・サイズが合わなくなる。

 

 

 

大切なパートナーが
いるのであれば
その人を所有しようと
思ってしまうと
束縛に繋がってしまう。

 

所有するのではなく
共に歩んでいくべきです。

 

 

 

今、住んでいる環境も
ずっと同じまま変わらず
所有することもできません。

日々、環境は変わり
時は進み続けるから。

 

 

 

【自分のもの】という
感覚は捨てましょう。

 

 

【自分のもの】
という感覚を捨てると

【ずっとここにある】
という感覚も捨てること
に繋がります。

そうなると感じるはずです。

 

 

 

 


自分の手の中にある
今の瞬間を大切にしていこう。
今を楽しんでいこう。


 

 

 

 

もっと人を大切にできるし
もっと物を大切にできる。
もっと環境を大切にできる。

 

 

大切にしたものから
得ることができる
たくさんの思い出を
大切に所有しましょう。

 

 

その思い出は心に残り
あなただけのものに
なるんですから!

hot-chocolate

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA