『第三の目(サードアイ)』に隠された、真の自分を開眼する秘密とは?

 

アニメやおとぎ話の世界で
「三つ目」のキャラクターが
登場しますよね。

 

ドラゴンボールの天津飯
ワンピースのプリン
幽遊白書の飛影
3×3EYESのパイ
三つ目がとおる
などなど。

 

第三の目の能力は
人が見えないものや
感じないものも感じ取れる
通常の人間の力を超える
凄い能力を秘めている。

 

 

第三の目(サードアイ)は
現実の私たち人間には
やはり存在しないのでしょうか?

でも、
おでこがパックリ割れて
いきなり目が誕生したら
ちょっと困りますよね。

 

 

私たちにも、実は隠された
『第三の目(サードアイ)』
が存在するんです。

 

【松果体(しょうかたい)】
と呼ばれる器官です。

 

-------------
脳に存在する小さな内分泌器。
松果腺(pineal gland)
上生体(epiphysis)とも呼ばれる。

脳内の中央、
2つの大脳半球の間に位置し
間脳の一部である
2つの視床体が結合する
溝にはさみ込まれている。

概日リズムを調節するホルモン
メラトニンを分泌する。
-------------
by Wikipedia

 

 

子供のころは大きいのですが
大人になるにつれ小さくなっていく。

 

 

子供のころは自由奔放で
クリエイトな思考だったのが

大人になれば凝り固まり
狭い範囲の思考しか
できなくなってしまうのは

この『松果体』が
小さくなるのが原因かも
しれませんね。

 

 

 

『第三の目』に隠された
真の自分を開眼する秘密とは?

 

 

 

『第三の目=松果体』は
子供のころは大きくて
大人になると小さくなる。

 

ここに『開眼する秘密』が
存在するのではないでしょうか?

 

 

子供のころ(幼稚園前)は
集団生活をすることなく
家で自由に暮らしています。

 

 

▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨
あれはダメ。これはダメ。
こうじゃないといけない。
こうしなさい。
みんなと同じように。
それは、おかしい。
みんなに合わせて!
▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨

という集団生活や周りの
制約を受けることなく

【自由奔放に思考できて】
自分の興味があることに
ひたすら集中できました。

 

 

公園で虫を見つけて
興味が出たらひたすら
虫を探して追いかけたり

 

家でお絵かきしていたら
興味が湧いてきて
ずっとお絵かきしていたり

 

ブロックで遊んでいたら
色々な物をひたすら
作っていったり

 

本当の意味で自由でしたし
自分の世界に没頭していた。

 

自分の意思や意欲に忠実で
興味を抑えることなく
好奇心を持ち続けて
満たそうと必死だった。

 

 

それが、
幼稚園や小学校から
集団生活が始まります。

集団生活を送る中で
私たちは教えられます。

 

▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨
あれはダメ。これはダメ。
こうじゃないといけない。
こうしなさい。
みんなと同じように。
それは、おかしい。
みんなに合わせて!
▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨
ということを。

 

小学校から考えても
小学生活6年
中学生活3年
高校生活3年
大学生活4年
「合計16年」です。

大学に行かない場合でも
「合計12年」です。

 

この長い長い期間で
集団生活マニュアルを
叩き込まれます。

それだけではなく
自分の興味とは程遠い
『勉強』をさせられます。

 

それも、
クリエイトな勉強法ではなく
「記憶!詰め込み!覚える!」

学校で行われるテストは
「覚えているかどうか」の
記憶確認テストになっている。

 

 

気がつけば子供のころの
クリエイトさは失われて
頭の中は【みんなと同じ!】
になってしまっている。

 

 

学校・集団生活だけが
原因ではありません。

 

一番大きな影響は
【テレビ・スマホ・SNS】
ではないでしょうか?

 

 

テレビを見ることで
スマホを触ることで
SNSを見ることで

【自分の頭で考える】
という行為から
自動的に逃げてしまう。

 

 

テレビは何も考えずとも
番組が進んでいき
私たちが虜になるように
うまく作られている。

 

スマホを触ることで
頭を使わなくても
直感的に操作できて
楽しいコンテンツが
目白押しの状態です。

 

SNSを見ればそこには
【みんな】が居て
色々な投稿で満たされて
次から次へと何も考えずに
見ることができる。

 

-------------
1日の生活の中で
【自分の頭で考える】
という時間をあなたは
持っているでしょうか?
-------------

 

現在の子供たちは特に
【スマホの影響】を
小さな頃から受けてしまう。

親が子供を静かにさせるために
スマホを渡して触らせて
動画を見させて静かにさせる。

 

もしかしたら、

今の子供たちは小さな頃から
松果体が小さくなって
クリエイトさが失われている
可能性があるのかもしれない。

 

 

子供から大人へ成長する過程で
どんなことが周りで起こり
どんな環境にひたっているか
感じて頂けたでしょうか?

 

 

【悪なる環境から自分を解放する】

 

 

 

▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨
テレビを捨てましょう
スマホ時間を減らしましょう
SNSに浸るのを止めましょう
▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨

こういう環境を『自分から』
積極的に作っていくことで
変化していきます。

 

 

自分の頭で考えて行動する。

 

自分の興味を掘り返しましょう!
自分の時間を大切にしましょう!
クリエイトな時間を作りましょう!

それだけで、毎日は満たされる。

 

 

 

【クリエイトな時間】こそ
真の自分を開眼する時間。

 

 

絵を描いてもいいし
料理をしてもいいし
ブログを書いてもいいし
動画を作ってもいいし
DIYしてもいいし
ハンドメイドしてもいい。

 

クリエイトの準備として
本を読んでもいいし
映画を見てもいいし
音楽を聴いてもいいし
筋トレしてもいいし
ダンスしてもいいし
逆に「何もしない」
リラックスの時間でもいい。

 

それと、もう一つ

▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨
あれはダメ。これはダメ。
こうじゃないといけない。
こうしなさい。
みんなと同じように。
それは、おかしい。
みんなに合わせて!
▨ ▨ ▨ ▨ ▨ ▨

頭にある固定観念を
取り払いましょう。

 

 

固定観念を取り払うのは
時間がかかるかもしれませんが
焦らないで大丈夫です。

取り払い方は
【自分と向き合う時間を作る】

 

 

★ ★ ★ ★ ★ ★
先ほどのクリエイトな時間を
思い切り満喫することと

テレビ・スマホ・SNSとの
距離を取っていくことで
固定観念が変化していきます。
★ ★ ★ ★ ★ ★

 

あなたの人生はあなたが主役で
思いを形にするためのもの。

 

真の自分を開眼できたら
『自由・解放感』を
感じることができるでしょう。

 

周りに押し付けられた
固定観念で生きなくてもいいし
自分にとっての大切な時間を
持っているんですから。

 

そのうち、

 

もしかしたら、

 

おでこがパックリ割れて
『第三の目(サードアイ)』が
現れるかもしれませんね!
※これは、ちょっと困るか(笑)

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA