人はみな『魔法使い』

映画やアニメで魔法を使う人を見て
自分も魔法使いになりたい!
と思ったことはありませんか?

 

魔法を唱えると目に見えない力で
人を助けたり・幸せにしたり
悪い敵をやっつけたり。

空も飛べますね!

 

 

そんな憧れていた魔法を
あなたはすでに持っている。

 

 

と、言われたらどうですか?
ビックリしますか?

 

 

実は、あなたも私も
人はみな『魔法使い』なんです。

 

 

その魔法は目に見えません。
目に見せることはできます。

 

 

その魔法は使い方次第で

・人を幸せにできます。
・人を不幸にもできます。
・笑顔を作ることもできます。

・愛を与えることもできます。
・涙を止めることもできます。
・絶望から救うこともできます。

・空は飛べませんが
飛んでる気持ちにすることはできます。

そして、人を殺すことも。

 

 

この魔法どうですか?
すごくないですか?

 

 

あなたもすでに持っています。
そして、使っています。

 

 

それも毎日毎日。
使わない日はありません。

魔法だと気づかず
ずっとずっと使っています。

なんだかわかりますか?

 

 

 

 

それは【言葉】です。

 

 

 

 

『言葉は魔法なんです。』

 

 

 

 

言葉の使い方一つで
・人を幸せにできます。
・人を不幸にもできます。
・笑顔を作ることもできます。

・愛を与えることもできます。
・涙を止めることもできます。
・絶望から救うこともできます。

・空は飛べませんが
飛んでる気持ちにすることはできます。

そして、人を殺すことも。

 

 

私たちは何気なく気にすることなく
この魔法を使っています。

 

 

 

魔法を魔法だと気づかず。

 

 

 

使い方を誤れば
簡単に人を傷つけることができ
場合によっては殺すこともできる。

 

逆に、素敵な使い方をすれば
人を絶望からも救うことができる。

そして、愛を伝えることも。

 

 

映画のハリーポッターにも
「マグル(ただの人間)にも使える魔法が何か分かるか?」
「言葉じゃよ。言葉は人を傷つけることもできるが、癒すこともできる。」

というダンブルドア先生のセリフがあります。

 

 

魔法なんです。
言葉は魔法なんです。

この記事も魔法を使って
書かれています。

 

 

 

あなたを癒すために。

 

 

 

この魔法を素敵な形で
これから使いませんか?

 

 


人を癒すために。
人に愛を伝えるために。
人を幸せにするために。
笑顔にするために。

そして、
自分を救うために。


 

上手に言葉を使えば
あなたの使う魔法が
他人を救います。
世界を救います。

 

 

自分に使う言葉も
気をつけて下さいね。

自分に優しくできるのは
自分だけです。

 

 


あなたのすべてを
人生のすべてを知っているのは
『あなた自身だけ』なんですから。


 

 

だから、自分に優しい言葉を
使ってあげて下さいね。

 

 

私たちは魔法使い!
素敵な魔法を使いましょう!

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA