『働くのが嫌いかい?』のあなたの答えは?

今日も仕事仕事。
明日も仕事仕事。
来週も仕事仕事。

 

なぜ人間はこんなに
働くのでしょうか?

 

 

週5~6日働き
一日約8時間以上。

 

一生の寝る時間を
除いたほとんどが
【働く時間】です。

 

 

 

 

 

 

働くのが嫌いかい?

 

 

 

 

 

 

こう問われたら
あなたはどう答えますか?

 

 

『もちろん嫌い!』
と答えるのか。
『仕事の時間は楽しい!』
と答えるのか。

 

 

 

あなたはどう答えますか?

 

 

 

仕事の時間が嫌な人は
【人生のほとんどが嫌な時間】
ということになります。

 

人生のほとんどが。

 

 

反対に仕事の時間が
嫌ではない。楽しい。
という人にとっては

 

 

【自分を高める時間】

 

 

になるわけです。

 

 

 

自分を高める時間になるか
精神を蝕む時間になるか
決めるのはあなた自身です。

 

それを変えることができるのは
あなた自身なんです。

 

 

 

 

 

 

Uさんはいわゆる
ブラック企業に
勤めています。

 

日曜日しか休みがなく
一日10時間労働で
サービス残業の毎日。

 

月曜日になるのが
嫌で嫌で日曜日の
サザエさんが苦痛でした。

 

 

 

その日も残業して
会社を出たのが22時。

 

疲れた体を引きずりながら
帰りの電車に乗りました。

 

 

「あれ?Uさんじゃない?」

 

 

と聞き覚えのある声が。

 

大学時代によく遊んでいた
Lさんでした。

 

 

「Uさんなんだか顔色が
悪くない?仕事帰り?」

 

 

「そうなんだ。今日も残業で
疲れちゃったんだ。
Lさんも仕事帰りなの?」

 

 

「そうだよ。私も残業の毎日。
でも、全然嫌じゃないよ。
仕事してる時間は自分を
高めるための時間だから。

自分がしたいことをする
将来に向けて頑張ってる
時間だからね。」

 

 

「Lさんは将来何をするの?」

 

 

「webデザインの会社を
自分で作りたいんだ~。

今の会社でwebデザインを
教えてもらってて、
その魅力にハマったの(笑)」

 

 

そんなLさんを見て
Uさんは何も言葉が
出ませんでした。

 

自分が降りる駅になり
UさんはLさんに別れを
告げて帰宅しました。

 

 

 

その夜、Uさんは
考えていました。

 

 

 

『なぜ、私は働くのが
こんなに嫌なんだろう?』

 

 

 

次の日、残業をせず
早めに切り上げれた
Uさんは本屋さんに
向かいました。

 

ずっと仕事のことを
考えていて

一つ心に引っ掛かる
ものがあるのでした。

 

 

今の仕事は新卒で入社し
2年勤務しています。

 

新卒で入ったので
親も喜んでいて辞める。
なんて言えなかったのです。

 

 

 

【自分も仕事を好きになりたい】

 

 

 

Uさんの心の中で
引っ掛かっていたもの。

 

『トリマーになる』
という思いでした。

 

 

周りから反対されて
諦め今の会社に入りました。

 

 

 


自分自身が働くことを
好きになるためには
仕事の時間が自分を高める
時間になる必要がある。


 

 

 

そういう考えに至った
Uさんは本屋でトリマー
に関する本を買い

トリマーを学べるような
場所に転職しようと
決めました。

 

 

会社に事情を説明し
有給を使いハローワーク
求人雑誌を使い転職先を
探していました。

 

 

正社員ではなくアルバイト
ではあったのですが
トリマーを学べる環境の
職場を見つけました。

 

 

 

1ヶ月後

 

Uさんは新しい職場で
仕事を始めていました。

 

アルバイトなので
給料も下がりボーナスも
無くなりました。

 

 

でも、

Uさんの表情はキラキラ
輝いていました。

 

 

 

休みがバラバラで
残業もあるけれど
苦痛を感じることは
ありませんでした。

 

Uさんの仕事の時間も
自分が決めた目標に向けて
自分を高める時間に
変わったのでした。

 

 

 

最後にUさんに質問を
一つしてみました。

 

 

「働くのが嫌いですか?」

 

 

Uさんは笑顔で答えました。

 

 

「心から質問に答えれます!
私は働くのが大好きです!」

 

 

 

 

 

あなたは働くのが嫌いですか?

 

 

 

 

 

 

次は、あなたの番です。

 

あなたもUさんのように
笑顔で働きませんか?

 

 

 

 

そのためには

 

 


お金のために働くのではなく
【自分のために働く】ことが
重要なんです。


 

 

 

仕事の時間が苦痛でなくなれば
あなたの人生は一変します。

 

 

 


それを実現させることが
できるのはあなた自身。


 

 

 

難しいことはありません。

 

あなた自身の心の声に
耳を傾けて聞きましょう。

 

 

あなたの未来は
あなたの心の中に
存在しています。

 

 

日曜日のサザエさんが
楽しく見れるような
生活を手にしましょう!

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA