【限界突破する瞬間】を自分で作る

毎日、何気ない生活の中で
【成長】を感じることは
少ないと思います。

 

先週と同じ1週間。
先月と同じ1ヶ月。
去年と同じ1年。

 

こんな風に過ごしていると
まず【成長なんて】
感じないでしょう。

 

 

というより

 

ほとんどの人が
【自分の成長】なんて
興味ないのかもしれません。

 

 


【自分の成長】を感じなくても
楽しく生きていけますからね。

【自分の成長】を感じなくても
生活に困ることはないのですから。


 

 

 

 

 

【限界突破する瞬間】を自分で作る

 

 

 

 

 

【自分の限界】を知るのは
必要なことなのでしょうか?

 

 

【限界】という状況は
【今、考えられる一番上の状況】
ということだと思います。

 

つまり、

その時の【最大値】

 

 

 

私たちは普段の生活の中で
【自分の最大値】
わざわざ知ろうとは
しませんよね。

 

それを知ったところで
どんな得があるのでしょうか?

 

 

 

【自分を成長させたい】
と思ったことはありますか?

 

 

自分が目標にしている事に
向かって進んでいる時に
自分の歩みを大きくしたい。

 

そう感じる時に
私たちは【自分の成長】に
改めて着目するんですよね。

 

 

 

【成長】する瞬間とは
どういう状況でしょうか?

 

 

 


【成長する瞬間】
知っておくことで自分自身で
成長を感じることができます。

 

『気づくから』感じるわけで
何気なく成長を感じることは
ないですからね。


 

 

 

 

【限界突破する瞬間】を自分で作る

 

 

 

【成長】とは、
1段、上に伸びる瞬間。

 

 

今までできなかったことが
できるようになったり。

 

今まで知らなかったことを
理解できるようになったり。

 

新しい技術や知識を
手に入れたり。

 

 

以前と比べて
『1段、上に伸びる瞬間』
が成長したと感じる時。

 

 

 

『1段、上に伸びる瞬間』を
得る事ができれば
【自分は成長した!】と
感じられるんです。

 

 

でも、

先ほどの説明した状況は
時間が必要な成長ですよね。

 

今までの状況と比べて
ガラッと変わる状況。

 

 

 

時間がかかる事だと
自分で成長に気がつくまでに
途中で投げ出してしまう事が
出てきてしまいます。

 

もう少し頑張れば
成長の瞬間を見れたのに…。

 

 

 

私たちは【早く成果が欲しい】
せっかちな生き物です。

 

ですから、

【早く成果を感じられる瞬間】
を作る必要があるんですね。

 

自分から。

 

 

 

 

例:

L子さんは企画部に属して
もう3年になりました。

 

1年目の頃は、
違う部署から異動してきて
できない事ばかりで
苦労していましたが

 

負けん気の強さを活かして
頑張っていったのでした。

 

 

1年目・2年目は
今までできなかった事が
できるようになっていく事で

 

【成長を感じることができた】

 

 

でも、

3年目になると仕事で
できないことはなくなり

 

『成長を感じる瞬間』が
ありませんでした。

 

 

 

日々、仕事がマンネリになり
先週と同じ1週間が
また、始まる状況でした。

 

 

周りの同僚達は自分と
同じ状況でも気にせず

 

いつもと同じ日々を
過ごしていました。

 

そんな姿を目にしていたので
安心してしまっていたのでした。

 

 

 

ところが最近、

 

L子さんは少し危機感を
感じていました。

 

 

「こんなことでいいのかなぁ…」

 

「このままの状況が続くの?」

 

「今は、もちろん楽だけど…」

 

 

 

その週末、L子さんは
気晴らしに1人で
アクション映画を
見に来ていました。

 

 

その映画の中で
もともと強い主人公が
敵に一度負けた後

 

修行をしてさらに強くなる
というシーンがありました。

 

 

 

L子さんはこのシーンがなぜか
頭から離れませんでした。

 

 

 

映画が終わり家に帰ってから
L子さんは家事をしていました。

 

「私も気がつけば家事のスピードが
だいぶ早くなったよね~!」

 

そう頭の中で考えた瞬間でした。

 

 

先ほどの映画のシーンと
今の状況が重なり合い
L子さんに衝撃が走りました。

 

「そうだったんだ…。」

 

 

 

L子さんは気がついたのです。

 

 

 

【0から1になること】しか
成長と捉えていなかった。

 

当り前だけど

【1が、2や3になること】も
成長なんだよね…。

 

 

 

つまり、

 

今まで、できていた事だけど
【限界突破】することで
さらに、できるようになる。

 

 

 

L子さんは仕事のことを
考えていました。

 

そして、

ふと気がついたのです。

 

 


【成長する瞬間】は
いくらでもあるんだ。

待っているだけでは
【成長できない】


 

 

 

今までは『待っていても』
できないことが出てくるから
成長を感じられた。

 

 

それが無くなった今、

 

 

【限界突破する瞬間】を
自分で作らないといけない。

 

 

 

L子さんは次の日。

 

出勤するや否や
自分の仕事の仕方を
見直しました。

 

 

 

【1を、2や3にできる事】を
【限界突破できる事】を
探していったのでした。

 

 

先週と同じ1週間を
過ごすことはもう止めよう。

 

 

そう心に言い聞かせたのでした。

 

 

 

 

 

 

【限界突破する瞬間】を自分で作る

 

 

 

 

 

【0が1になる瞬間】は
もちろん成長の瞬間です。

 

忘れちゃいけないのが

 

【1が、2や3になる瞬間】も
成長の瞬間なんです。

 

 

 

 

今まで【1だったもの】を
【限界突破させて2や3にする】

 

 

 

 

・仕事のスピードを上げる。

・技術をさらに良くする。

・違う角度から仕事を考える。

・新しいアイデアを試す。

・仕事の形を変えてみる。

・今あるものに何かを加える。

 

色々な方法があります。

 

 


【0が1になった瞬間】
つい私たちは満足してしまう。


 

 

【1を、2や3にしよう!】
【限界突破させよう!】と
自分で思わない限り
私たちは実行しません。

 

 

【成長を感じられる瞬間】が
たくさん目の前にあるのに。

 

 

 

 

【成長を感じること】は
どんな人にでも必要なことです。

 

 

成長できると感じることで
【自分にはまだ伸びしろがある】
と思えるからです。

 

 

伸びしろがあると分かれば
私たちはその部分を
伸ばしたくなるものです。

 

 

 

そして、

【成長を感じられる人】は
とても幸せな人なんです。

 

 

 

 

【限界突破する瞬間】を自分で作る

 

 

 

 


【待ちの姿勢】では
限界突破なんてできません。

 

自分から進んで
【限界突破すること】を
探して方法を考えて
実行して下さいね。


 

 

あなたにはまだまだ沢山の
伸びしろがあります。

 

 

早くそれに気がつき
伸ばそうと努力して
さらなる成長を
感じて下さいね!

hot-chocolate

 

 

 

 

 

 

【どこで、人生間違えた】は成長のチャンスタイム

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA