目標は変わってもいい。でも【目的は変えない】

仕事やプライベートで
目標を立てて行動しよう!

 

頑張って進んでいたけど
気がつけば目標を
達成しようという
気持ちが無くなっていた。

 

最初に立てた目標が
途中からなぜだか
達成したいという
魅力が無くなった。

 

目標を立てるのが
実は得意ではない…。

 

 

目標を達成しないと
ダメなんでしょうか…。

 

 

目標を立てて
それに向かって行動する!

 

 

 

 

あなたはできていますか?

 

 

 

 

大きな目標を決めて
それに到達するまでに
細かな目標を設定する。

 

その細かな目標を
一つ一つクリアしていくと
いつの間にか大きな目標が
達成しているんだよ。

 

 

 

という風に、

 

目標達成の方法を
教えてくれているものも
よくありますよね。

 

 

 

 

 

目標を達成することは
大切な事でしょうか?

 

 

 

 

 

目標とは、

 

ある一時の瞬間に立てられた
その時の状況から見た
先のゴールだと思う地点。

 

のことです。

 

 

 

つまり2017年5月に
目標を立てたけども

 

2018年1月になってみると
立てた目標を達成しても
意味がないものに
なってしまっていた。

 

 

 

 

 

例:

Y君は2017年1月に
スマホ向けのゲームの
アプリを作成しよう!

という目標を立てました。

 

 

それから、

目標を達成しようと
進み続けていました。

 

 

でも、

2018年6月になった時に
スマホのゲームアプリ業界が
衰退し新たな形のネットゲーム
が続々と誕生していました。

 

 

 

2017年1月の段階から
周りの状況がガラッと
変わってしまったんです。

 

 

 

 

こんな状況になった時
あなたならどうしますか?

 

 

 

状況が変ろうがどうしようが
最初に立てた目標を
意地でも達成するんだ!

と進み続けるでしょうか?

 

 

では、

 

目標を達成できた場合
意味がある目標に
なっているのでしょうか

 

 

 

 

この状況でも
Y君は変わらず目標に
向かっていました。

 

周りの状況が変わっても
目標を達成すれば
絶対に成功できるんだ!

 

と思っていたんです。

 

 

 

2018年11月にY君の
スマホ向けゲームアプリが
完成しストアに並びました。

 

Y君は目標を達成した事と
これから待つであろう
成功を祝いました。

 

 

 

2019年3月にY君は
アプリの総ダウンロード数の
統計を取ってみました。

 

 

するとどうでしょう!

 

 

自分が考えていた数よりも
大幅に少ない数しか
ダウンロードされてなかった。

 

 

 

同じ時に、Y君のゲームと
似たような内容だけども

新たな形のネットゲームで
出たソフトは爆発的に
人気が出ていたんです。

 

 

 

もし、

2018年6月の時点で
目標を変えていたら…。

 

 

 

 

 

 

このような状況は
実はよくあることなんです。

 

 

 

【目標は変えてはいけない】
と私たちは思いがちですが

 

そんなことはないんです。

 

【目標は柔軟に変えていく】
ことこそ大切だと思います。

 

 

 

 

 


周りの状況や自分の状況の
変化で目標は変えていく。


 

 

 

その時、その時で最適なもの
が変化していくからです。

 

 

 

 

目標を変えると優柔不断な奴
と思われそうですが
そんなことはないんです。

 

目標を変えることは
重要なことだったんです。

 

 

 

でも、

それとは逆で簡単に
変えてはいけないこと
が存在するんです。

 

 

 

 

 

【目的は変えない】

 

 

 

 

 

さきほどのY君は
目標がありました。

 

でも、

目的が曖昧でした。

 

 

 

 

ゲームアプリで成功して
お金持ちになるんだ!

という曖昧な目的を持って
しまっていたために
目標を変えることが
出来なかったんです。

 

 

 

 

 

【目的は根っこ】

 

 

 

 

 

 


目的は【根っこ】です。
目標は【花・果実】です。


 

 

 

根っこがしっかりした
植物であるからこそ
沢山の花や大きな果実が
実るのではないですか?

 

 

 

 

私たちは華やかな
【花や果実】にばかり
目がいってしまいます。

 

表面上では目に見えない
【根っこの部分】には
興味が湧かないんです。

 

 

 

 

確固とした目的を持っていると
【目標は柔軟に変えられる】

 

 

 

 

 

もし、先ほどのY君が

 

通勤などの空き時間に
自分のゲームをすることで
ストレスを少しでも和らげて
毎日を楽しく過ごしてほしい!

 

という目的を持って
行動していたなら

 

 

 

【目標は変わっていた】

 

 

 

 

なぜなら、

 

儲けたいのではなく
自分のゲームをできるだけ
沢山の人にプレイしてほしい。

 

 

沢山の人にプレイしてもらう
ためには衰退している場で
出すのではなく、

 

今、一番活気がある
新たな形のネットゲームで
提供する方が

 

沢山の人にプレイして
もらえるだろう!

 

と考えるからです。

 

 

 

 

 

 

目標は変わってもいい。
でも【目的は変えない】

 

 

 

 

 

あなたが仕事で目標を
立てるときも同じです。

 

【確固とした目的】が
ある上で目標を立てているか
が一番重要なんです。

 

目的を達成するために
目標は変えていいんです。

 

 

目標を変えないと
意地を張ってしまうと
目的が達成できないでしょう。

 

 

 

 

 

目標は変わってもいい。
でも【目的は変えない】

 

 

 

 

 

目標設定の一つの方法として
覚えておいて下さいね。

 

 

 

 

あなたが持つ根っこが
素敵なものであれば

咲く花も実る果実も
素敵なものになりますよ!

hot-chocolate

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA