【とことん力】が成功への架け橋となる

仕事で頼まれた資料が
やっとこさ仕上がった。

 

とりあえず資料を見れば
内容は分かるだろう。

 

もう少し見た感じを
キレイにすれば

資料の印象も良くなる
かもしれないけれど…

もう、いいかな。

 

 

 

こんな経験ないですか?

 

 

 

この場合も作った資料に
問題はないので
会議に支障はありません。

 

 

 

 

 

アーティストの方には
多い経験かもしれません。

 

作品づくりの中で
完成という一線を引く
瞬間が難しい。

 

 

 

このまま出しても
全然問題ないけど

 

『自分的にはもう少し』

 

なんて感じですよね。

 

 

 

この『もう少し』は
何のための誰のための
『もう少し』でしょうか?

 

 

 

 

【自分のため】ですよね。

 

 

 

 

自分が納得できる状態。
を作るかどうか。

 

 

 

アーティストの仕事以外の
どんな仕事であっても
上記と同じだと思います。

 

 

文頭の資料作りも同じです。

 

 

【自分自身が良い!】と
思えるくらいまで仕上げる。

 

資料にかけれる時間は
限りがあると思うので
その範囲で。の話です。

 

 

 

つまり

 

 

 

『とことん!』するんです。

 

 

 

ほとんどの人は
ほとんどの仕事を
大体の状態で終わらせます。

 

仕事だけでなく掃除や
家事や自分の事までも。

 

 

 

言ってしまえば
中途半端な状態で
終わらせてるんです。

 

 

 

もしそれを、
【とことんしたなら】
どうなるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

B子さんはガーデニングの
デザイナーをしています。

 

それも、
売れっ子デザイナー。

 

 

今では人気で彼女に
依頼
するのに何ヶ月も
待ちの
状態なんです。

 

 

でも、

 

そんな彼女もつい最近まで

ひと月に数えるくらいしか
仕事がありませんでした。

 

 

どうしてそんな変化が
訪れたのでしょうか?

 

 

 

 

B子さんの仕事は特に
問題はありませんでした。

 

しっかり者なので
依頼通りに仕事を
こなしていました。

 

ただ、それ以上では
ありませんでした。

 

 

 

周りから見れば1人の
ガーデニングデザイナー
だったのです。

 

 

 

ある日、B子さんは
老人施設の依頼を受け
訪問しました。

 

打ち合わせ後
1人のおばあさんが
絵を描いている姿を
見つけました。

 

 

 

車いす姿のおばあさんは
生き生きと絵を
描いていました。

 

 

B子さんが声をかけました。

 

「こんにちは。何の絵を
描いているんですか?」

 

 

おばあさんは答えました。

 

「私の頭の中にある
思い出の風景よ。」

 

「自分の中にあるものを
最大限に表現したい。
と思ったのよ。」

 

 

 

B子さんはその言葉に
胸を掻き乱されました。

 

「最大限に表現ですか?」

 

 


「そうよ。私は何でも
【とことん】しないと
気が済まないのよ(笑)

 

【とことん】することは
自分の全てを出し切ること
だと思っているの。

 

 

そうして、自分の全てを
出し切った作品は

自分が見たときに
惚れ惚れするものになるの。

 

他人が見てどうこうは
関係ないのよ。

 

自分が見て惚れ惚れするか
どうかなの。」


 

 

「自分自身が満足できれば
オッケーってことですか?」

 

 

「そうよ。だってアートは
【自分を表現するもの】
なんだから!(笑)

 

アート以外の普通の仕事も
同じように私は【とことん】
やってきましたよ。

 

そのおかげで女だったけど
すごく昇進したんだから」

 

 

B子さんはこの時の
出会いを大切にしています。

 

 


おばあさんの言葉をこの時
心で受け止めたんです。


 

 

おばあさんの出会いの後
B子さんの仕事は一変して
いきました。

 

 

普通の仕事っぷり
だったのが

 

【アートな作品】に
なっていきました。

 

 


B子さんは【とことん】
仕事に意識を注ぎました。

 

【とことん】自分自身が
満足する仕事をしました。

 

どんな小さな仕事も
【とことん】
手を抜きませんでした。


 

 

それからです。

 

依頼が途切れることなく
続いている状況は。

 

 

 

 

【とことん力】を
あなたも手にしませんか?

 

 

 

この力はとてつもなく
偉大で素敵で強力です。

 

 


【とことん力】を使い
行なった仕事はあなたの
心が宿ります。


 

 

心が宿った仕事に触れた
他の人はあなたを感じます。

 

 

 

あなたの心を感じるんです。

 

 

 

心を感じることができる
仕事・物はこの世に
多くはありません。

 

例え、それが資料作り
であっても同じです。

 

 

 

最高の資料を作り
プレゼンすることで

 

あなたの心が相手に
伝わり大きな案件を
手にするかもしれません。

 

 

 

 

 

【とことん力】

 

 

 

 

 

成功への架け橋は
【とことん】すること。

 

 

 


仕事を【とことん】
できる人は

人生も【とことん】
楽しんでいる人です。


 

 

あなたの毎日が
あなたの仕事が
あなた自身が

 

 

大きく輝けるように
【とことん力】を
磨いていきましょう!

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA