意味があるのかないのかなんてわからない

人間というのは頭が良いです。

他の動物と比べると考える
ということをより多くします。

 

考えすぎる。ということも。

 

 

 

私たちは、どんなことにも
【意味】を探してしまいます。

 

 

 

生きることにもそうですが、
普段行っていることや
将来のために行っていること。

 

 

「今、○○をしているけれど
これは意味があるのだろうか。」

という風な具合です。

 

 

人間は何事に対しても
それに意味があるのかないのか。
が、分からなければ行動しない
生き物だと思います。

 

でも、その意味ですが。

 

 

 

 

意味があるのかないのか。
なんて、誰にもわかりません。

 

 

 

 

意味があるのかないのか。
分かる時は【未来】しかないのです。

 

 

 

 

今、意味の有無は分かりません。

 

 

 

できることはたった一つ。

今、行っていることに意味がある。
と信じることだけです。

 

 

不明確なことを信じる
ことは難しく感じますよね。

 

ただ、自分が行っていることが
意味のあることだ!と信じられるのは

他ならぬ【あなた】だけなんです。

 

 

 

 

例:
B君は転職を考えています。
そこで、資格の勉強を始めました。

前から興味があったパソコン関係の
資格の勉強を始めました。

 

パソコン関係の仕事に転職を
したいわけではなく
興味があったから始めたのです。

 

 

勉強を始めて2ヶ月経ったとき
ふと思いにふけっていました。

 

 

「この資格の勉強をしているけど
意味あるのかな?」

 

 

このことが気になって全く
手が進まないほどでした。

そこで、時間を取って考えました。
意味があるのかないのかを。

 

 

かなりの時間を費やして
B君は結論に至りました。

 

 

 

今、意味があるかなんてわからない。

 

 

 

今、行っていることが
意味があるかどうかは
後々わかること。

 

 

B君は意味を考えることを止め
自分を信じて勉強に打ち込みました。

 

 

 

そして半年後、B君は
一般企業に転職を果たしました。

配属先は人手不足だった
【マーケティング部】
に決まりました。

 

 

マーケティング部の仕事の中で
【システム関係】の仕事があります。

 

 

マーケティングのデータを
集計したり解析したり
仮説を立てたりと、

パソコンのシステムを使って
行なっていました。

 

B君はここの仕事の担当に
なったのでした。

 

 

B君は特にやりたい職務が
これといってなく。

どんな部署でも頑張ろう!
と思っていたのですが

マーケティングのシステム担当になり
気づいたことがありました。

 

 

 

やってきたパソコン関係の勉強に
【意味があったんだ】と。

 

 

担当になった仕事の内容が
まさに、勉強してきた内容を使って
行なうものだったのです。

 

 

あのとき意味があるかないか。
が、明確でないからという理由で
勉強を止めていたら。

 

 

【今】がなかったでしょう。

 

 

意味が分からずとも
自分自身を信じてきたから

 

 

【意味があった】んです。

 

 

B君は自分を信じた結果に喜び
職場に意気揚々と向かうのでした。

 

 

 

 

意味があるのかないのか
なんてわからないんです。

 

 

 

 


未来のある時点で気づくんです。
【意味があったんだ】と。


 

 

 

人生に無駄なことはありません。

 

 

 

 


自分が信じて行うことは
自分のためになるんです。


 

 

時間はかかるかもしれません。
すぐに結果は分からない
かもしれません。

 

 

ですが、意味はあるんです。

 

 

 


大切なことは【続けること】


 

 

 

今、行っていることが
意味のあることになるためには、

【続けること】が必要なんです。

 

 

途中で投げ出してしまうと
【意味がなくなる】んです。

 

 

周りが意味のない事だ。
と言っても関係ありません。

 

 

あなた自身が信じるものであれば
とことん進んでください。

 

意味のないものなんて
この世にないのですから!

 

hot-chocolate

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA